コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田新七(2代) いいだ しんしち

2件 の用語解説(飯田新七(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田新七(2代) いいだ-しんしち

1827-1878 幕末-明治時代の商人。
文政10年生まれ。京都の香具商上田七右衛門の次男。呉服商に奉公後,初代飯田新七の長女歌子の婿となり,嘉永(かえい)5年家督をつぐ。安政2年古着商をやめて呉服商に転業。西陣などの織物業者や染色業者と提携し,高級呉服店高島屋の地歩をかためた。明治11年9月9日死去。52歳。初名は直次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

飯田新七(2代)

没年:明治11.9.9(1878)
生年:文政10(1827)
江戸末期・明治初期の商人。京都の香具商上田家に生まれ,幼名は直次郎。呉服商に奉公し,嘉永4(1851)年飯田家に入婿,新太郎と改名。翌年家督を継ぎ2代新七を襲名。安政2(1855)年家業を呉服木綿商に転換させて高島屋の基礎を築いた。「自利利他」の精神を守り,仕入先との良好な関係をつくって良品廉価販売を貫いた。博覧会への出品,外商との美術織物の取引,段通店の開店など,進取性を発揮して業容を拡大する一方,店員身分制度を導入して組織を整備した。<参考文献>高島屋150年史編纂委員会編『高島屋150年史』

(前田和利)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯田新七(2代)の関連キーワード竹村鶴叟船師天降り付くげす嵯峨焼雑居地蔵六でげす鉛銭竹屋源十郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone