コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田新七(3代) いいだ しんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田新七(3代) いいだ-しんしち

1853-? 明治時代の商人。
嘉永(かえい)6年生まれ。2代飯田新七・飯田歌子の長男。明治11年たかしまや呉服店をつぐ。上流階層に顧客をふやし,明治20年の皇居造営の際,調度装飾などの注文をうける。同年貿易部を設置。翌21年引退して家督を弟の鉄三郎にゆずった。初名は直次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯田新七(3代)の関連キーワード明治時代嘉永

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android