コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香魚 コウギョ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぎょ〔カウ‐〕【香魚】

アユの別名。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぎょ【香魚】

〔香りがよいことから〕
アユの異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香魚
こうぎょ

魚類のアユの異名。アユに対する愛着から生まれた。一般に淡水の食味は淡泊であるか泥臭いにおいがあるが、アユはさわやかな食味があるところからこのようによばれるようになった。アユは岩や小石に生える珪藻(けいそう)や藍藻(らんそう)を主食にするため特有な香りがある。とくに6~8月の間の夏アユは藻類をよく食べて肥満し、腹腔(ふくこう)内に多くの脂肪を蓄積するので、香りも食味もよい。アユ科に近縁のキュウリウオ科のシシャモ、キュウリウオ、ワカサギ、チカなどもアユのにおいに似たキュウリのような独特のにおいがあるが、香魚とはいわない。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

香魚 (アヤメカサゴ)

学名:Sebastiscus albofasciatus
動物。フサカサゴ科の海水魚

香魚 (アユ)

学名:Plecoglossus altivelis
動物。アユ科の遡河性魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の香魚の言及

【アユ(鮎)】より

…1属1種(イラスト)。別名をアイ,年魚,香魚とも呼ばれる。おもに本州,四国,九州に分布するが,北海道南西部,朝鮮半島,台湾南部,中国南部にも分布する。…

※「香魚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

香魚の関連キーワード御・漁・禦・馭・魚鮎・香魚・年魚アユ(鮎)香り

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香魚の関連情報