コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬蹄腎 ばていじんhorseshoe kidney

2件 の用語解説(馬蹄腎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬蹄腎
ばていじん
horseshoe kidney

左右の腎臓が下部で融合してしまい,馬蹄形をしている先天異常。腎臓の奇形では重複腎盂に次いで多く,500~2000人に1人の割という。種々の融合腎があるが,馬蹄形が最も多い。無症状のことも多いが,しばしば水腎症や結石,腎盂腎炎を合併する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばていじん【馬蹄腎 horseshoe kidney】

左右の腎臓がその下部で融合している腎臓の奇形の一種。正常では腎臓は左右の腰背部に別々に一対として存在するが,先天的な発生異常によって脊椎の前面で融合し,上に開いたコの字形をしている。この形が馬蹄鉄に似ていることから,馬蹄鉄腎あるいは馬蹄腎と呼ばれている。左右の腎臓が融合している奇形を融合腎と総称するが,本症はこのなかで最も頻度が高いものである。このほかに融合の様子によってL型腎,S型腎,菓子型腎などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone