コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒競行幸絵巻 こまくらべぎょうこうえまき

3件 の用語解説(駒競行幸絵巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駒競行幸絵巻
こまくらべぎょうこうえまき

栄花物語』第 23巻の「こまくらべの巻」を絵画化した 14世紀初期の絵巻。紙本着色。もとは「太皇太后行啓」「東宮行啓および船楽御覧」「くらべ馬」の3段から成っていたと推定される。静嘉堂文庫の「太皇太后行啓」の絵1段と,久保家の「東宮行啓および船楽御覧」の詞,絵各1段が現存する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こまくらべぎょうこうえまき【駒競行幸絵巻】

栄華物語》こまくらべの巻に記される1024年(万寿1)9月藤原頼通邸高陽院(かやいん)での駒競べの盛儀を描いた絵巻。14世紀初めころの制作で,王朝の風雅をしのぶ鎌倉時代貴族の回顧趣味を背景に生まれた絵巻の一つ。主題である競馬の場面などはすでに失われ,現存部分は,競馬に先立って上東門院彰子一行が高陽院に到着したときのにぎやかな光景を描いた絵1段が静嘉堂に,またこれに続く競馬当日の東宮の行啓と寝殿前庭の池における船遊びの優雅な催しをあらわした詞・絵1段が和泉市久保惣記念美術館に蔵されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒競行幸絵巻
こまくらべぎょうこうえまき

絵巻。残欠2巻。東京・静嘉(せいか)堂および大阪・和泉(いずみ)市久保惣(そう)記念美術館蔵。いずれも重要文化財。『栄花物語』の「駒競べ」の巻に取材したもので、静嘉堂本は1024年(万寿1)9月14日、上東門院彰子(じょうとうもんいんしょうし)が藤原頼通(よりみち)の邸宅高陽院(かやのいん)に行啓になった光景を描き、輦(れん)(手車)を担ぎ随身が従うありさまが描かれる。和泉市本は静嘉堂本のあとに続くもので、9月19日後一条(ごいちじょう)天皇や東宮が同じく高陽院に行幸啓になったときの模様を描き、門外の光景に続いて門内の東宮入御の景、次に東の対(たい)や泉殿(いずみどの)の光景となり、御殿に公家(くげ)、女房たちが控え、池に竜頭鷁首(りょうとうげきす)の船が浮かぶありさまが描かれている。両巻とも同一人の筆で、濃彩の華やかな画風で、平安貴族の生活、風俗を伝える資料としても貴重である。鎌倉時代(14世紀)の作、筆者は明らかでない。[村重 寧]
『小松茂美編『日本絵巻大成23 駒競行幸絵巻他』(1979・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駒競行幸絵巻の関連キーワード栄花物語入れ子枕栄花物語・栄華物語駒競べ調べの緒枕辺枕物語枕元意地くらべ栄華物語(栄花物語)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone