コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんやわんや テンヤワンヤ

デジタル大辞泉の解説

てんや‐わんや

[名・形動]大勢の人が秩序なく動き回り、ごった返すこと。また、そのさま。「宴会の準備で台所はてんやわんやだ」
[補説]手に手にの意の「てんでん」と、関西方言でむちゃくちゃの意の「わや」とが結合してできた語という。獅子文六の新聞小説「てんやわんや」で広く一般に使われるようになったもの。

てんやわんや[書名]

獅子文六の小説。昭和23年(1948)から翌年にかけ、毎日新聞紙上で発表された。四国の田舎町に疎開した男が、個性的な人物たちと出会うさまを描く。昭和25年(1950)、渋谷実監督により映画化。出演、佐野周二淡島千景ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

てんやわんや

1950年公開の日本映画。監督:渋谷実、原作:獅子文六、脚本:斎藤良輔、荒田正男。出演:佐野周二、淡島千景ほか。第1回ブルーリボン賞主演女優賞(淡島千景)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんやわんや

( 名 ・形動 )
予想外の出来事などのため、大勢の人が勝手に動いて混乱すること。統制がとれないほど多忙なこと。また、そのさま。 「 -の大騒ぎ」 「 -の忙しさ」 「降って湧いた事件で村中が-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てんやわんやの関連キーワード『社長』シリーズジェリー ルイスHeaven?瀬戸 わんや獅子 文六内匠靖明中村紗耶駅前旅館渋谷 実森一生横山剣据膳岩松補説

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てんやわんやの関連情報