コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

驚き おどろきsurprise

翻訳|surprise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

驚き
おどろき
surprise

予期しない事態の突然の出現に伴う強い一時的情緒。プラトン (『テアイテトス』) とアリストテレス (『形而上学』) は,驚きから哲学が始るとした。デカルトは驚きを基本的6情念の筆頭におき,他のあらゆる情念に先立って起り反対情念をもたないものとした (『情念論』) 。つまり驚きは,未知のもの,新しいものとの出会いを知らせるという特色をもった情緒である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おどろき【驚き/×愕き/×駭き】

驚くこと。また、驚くべき事件・事柄。「―のあまり立ちすくむ」「―のを上げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

驚き
おどろき

一般的に、大きな音、強い光、見知らない人などによって生じる急激な心の動きをいう。年齢的な差異はほとんどない。年齢を超えて驚きの情動が存在するということは、この情動の重要性を示唆するものである。
 それでは驚きという情動の正体はなんだろうか。アメリカの大学で、ある教授が講義時間中におもしろい実験を行った。それは次のようなものである。自動車の警笛を急に鳴らして学生にその感想を尋ねたのである。その結果、緊張したという学生が第1位で、第2位は興奮した学生、第3位は不快を感じた学生、第4位は恐れを感じた学生という結果が得られたという。この実験をした教授は、驚きは、緊張、興奮、不快、恐れの4情動で代表されるとまとめている。このような分析は被験者である学生の内観報告に基づくものである。心理学でよくやる手段であるがもちろんくふうを要することである。また、ある教授は講義時間中に予告なしにピストルを発射した。もちろん空砲だったがアメリカ的な研究である。教授はそのときそばにいる学生の顔面表情を映写している。驚きの表情というより凍り付いたような表情であったという。彼はここで恐れとの微妙な差異がよく現れていると述べている。顔面表情の研究については「日本顔学会」が組織され、コンピュータによる分析も行われている。
 人間の情動の発達・分化を自然的行動観察の形で研究したブリッジスK. M. B. Bridges(1897―?)は、驚きの情動についてはその分化の過程では触れていない。しかし、驚きは、恐れとともに生命維持と個体保存に密接に関連しているので、早期の出現が推察される。生来的に視聴覚をなくしていた女の子についての観察によると、彼女が抱いていた人形をうっかり床に落としたとき、急激に首と肩を縮め、口をなかば開いて、見えない目を見開き、まゆ毛をつり上げたといわれている。生来の失明者は表情を学習することはできないのに、彼女は普通の人たちと同じ反応を現したのである。もちろん、驚きの姿勢や顔の表情は生後の経験によって変容してくる。基本的なもののうえに文化的な影響が重なってくるのである。家族の情動表現を模倣することが多いが、保育園や幼稚園における同年齢の子供たちの動作の模倣によることも目だっている。驚いたときに舌を出したり、両腕をハの字に開いてのけぞったりするのがそれである。
 驚きの対象が年齢を超えて差異がないということについてはすでに触れているが、青年期を過ぎ成人になってもまだ幼児のような驚きを表出していたら問題である。大きな音がしたときに子供のように跳び上がったり、期待はずれのとき驚きのあまり卒倒してしまったりするのは、情動的に未成熟の証拠である。社会の成員である人間は、社会的に好ましい情動を発達させ、好ましくない情動を統制しなければならない。子供は日常の生活を通して両親の行動を学習する。そこで、両親がまず情動的に安定することが必要になる。親たちの精神保健と親のしつけが、社会的に好ましくない情動を矯正し、子供をよりよい情動的成熟に導くことができることを理解すべきである。夜驚(やきょう)症という疾患がある。家庭内の緊張、幼稚園や小学校における人間関係に原因していることが多いという。[大村政男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

驚きの関連キーワード見る所少なければ怪しむ所多し頭から水を浴びたよう驚き桃の木山椒の木開いた口が塞がらぬ雷に打たれたよう目の色を変える棒を飲んだよう目が点になるあれよあれよ泡を吹かせる心胆を奪う心臓に悪い胸が潰れる魂を冷やす肝を冷やすサプライズ呆れ甚しジーザスぎょっとあらまあ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

驚きの関連情報