愕然(読み)がくぜん

精選版 日本国語大辞典「愕然」の解説

がく‐ぜん【愕然】

〘形動タリ〙 おどろくさま。非常にびっくりするさま。
※続日本後紀‐承和四年(837)一二月甲午「夜分。女盗二人昇入清涼殿。天皇
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)五「愕然(カクぜん)としてなげきうれうる物ぢゃが其患をばちっとも忘れぬぞ」
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「英国に於て鉄道の最も壮観にして人目を愕然たらしむるものは」 〔史記‐留侯世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「愕然」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「愕然」の解説

【愕然】がくぜん

おどろくさま。〔史記、留侯世家〕みて()良に謂ひて曰く、孺子(じゆし)、下りて履(くつ)を取れと。良、愕然として之れを毆(う)たんと欲す。

字通「愕」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android