コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線遮蔽 ほうしゃせんしゃへいradiation shield

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射線遮蔽
ほうしゃせんしゃへい
radiation shield

放射線を吸収させたり,距離をおいたりしてその強度を減らすこと。放射線検出器へのバックグラウンドの減少も目的の一つである。そのために用いる物質 (遮蔽材) としては,γ線にはや鉄が,中性子にはパラフィンや水が有効である。コンクリートは約5%の水素を含有し,中性子に対して有効な遮蔽材である。鉄鉱石,重晶石などを骨材とする重コンクリートは,γ線に対し有効であるとともに,中性子に対しても遮蔽体内で発生する2次γ線をよく吸収し有効な遮蔽材である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

放射線遮蔽【ほうしゃせんしゃへい】

不必要な放射線を,物体で遮ったり,減らすことをいう。体外からの放射線を防護する方法は,線源からの距離を大きくとり,線源の近くに滞留する時間を短くし,さらに線源と人体との間に遮蔽(しゃへい)を置くことである。
→関連項目放射線防護

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんしゃへい【放射線遮蔽 radiation shielding】

不必要な放射線を,物体で遮ったり,減らすことをいう。体外からの放射線を防護する方法は,線源からの距離を大きくとり,線源の近くに滞留する時間を短くし,さらに線源と人体との間に遮へいを置くことである。これを防護の3原則という。遮へいは,放射線の物質による吸収あるいは散乱を利用して,被曝線量を低減させる方法で,他の二つに比べてより積極的な方法である。 放射性物質からのα線は紙1枚で止めることができるので遮へいは容易である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

放射線遮蔽の関連キーワード重量コンクリート硫酸バリウム特殊ガラスタリウム原子力船鉛ガラス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放射線遮蔽の関連情報