コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高三隆達 たかさぶ りゅうさく

美術人名辞典の解説

高三隆達

安土・桃山、江戸前期の歌人。日蓮宗の僧。堺生。小歌を歌い、また自筆でこれを書いて人に与え、豊臣秀吉にも呈上している。文禄より慶長年間に名を盛んにし、伏見城能舞台細川幽斎の鼓に合わせて小歌を歌い、秀吉に喜ばれた。書道にも優れ、その書風を堺流と称する。慶長16年(1611)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかさぶ‐りゅうたつ【高三隆達】

[1527~1611]室町末期・安土桃山時代の日蓮宗の僧。堺の人。日本に渡来した宋人の子孫で、書道・連歌音曲などに非凡な才能を発揮。諸種の音曲を折衷して独特の隆達節を創始し、庶民の間に流行させた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高三隆達 たかさぶ-りゅうたつ

1527-1611 織豊-江戸時代前期の音曲師。
大永(たいえい)7年生まれ。高三隆喜の末子隆達節創始者。和泉(いずみ)(大阪府)堺の薬種商の家に生まれる。幼時に出家して日蓮宗顕本寺にすむ。のち還俗(げんぞく)し,家をついだ甥(おい)を後見した。小歌の名人として知られ,さまざまな音曲を折衷して隆達節をあみだした。また連歌や書画にもすぐれ,書は堺流とよばれた。慶長16年11月25日死去。85歳。号は自庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高三隆達

没年:慶長16.11.25(1611.12.28)
生年:大永7(1527)
安土桃山時代の流行歌謡,隆達節の創始者。堺の薬種商,隆喜の末子。若くして仏門に入るが,兄の没後(1590)還俗し,若年の甥の後見として家業に携わった。連歌,禅法,書画にも優れたが,天性の美声により当時流行していた小歌の名手として知られ,信長や秀吉にも召されたと伝えられる。自らも小歌を作詞し,独自の節付けをして,隆達節を作り上げた。これは扇拍子,一節切(尺八)や小鼓の伴奏で歌われるもので,文禄・慶長(1592~1615)のころ盛行した。のちの歌謡にも影響を与えたが,曲節は現在には伝わらない。歌詞は4句以下の短いものが多く,恋の歌が大半を占めている。

(吉田真由美)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の高三隆達の言及

【隆達節】より

…近世初期,隆達(1527‐1611)が節付けした歌謡。単に隆達または隆達小歌,隆達の歌などともいう。隆達は泉州堺の生れ,高三(たかさぶ)を姓とする。その祖先は漢人の劉氏と伝え,1174年(承安4)来日して博多に住し,帰化して高(たか)三郎兵衛を称し,代々この名を用いた。北朝の貞治(1362‐68)ころ,9代三郎兵衛道玄のときに堺に移住,薬種と交易を業とし,このころ高三と通称して苗字とした。隆達は隆喜の末子で,早くから僧籍に入り,高三家の菩提寺,堺の顕本寺(けんぽんじ)(法華宗)内に自在庵を営み,自庵隆達と号した。…

※「高三隆達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高三隆達の関連キーワード音曲師