コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久盆地 さくぼんち

7件 の用語解説(佐久盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐久盆地
さくぼんち

通称は佐久平 (さくだいら) という。長野県東部,千曲川上流域にある高原性の盆地。標高 600~1000mで,浅間山関東山地八ヶ岳連峰などに囲まれ,周辺は火山裾野へ移行する。南北方向に縦貫する千曲川で東西2地域に大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さく‐ぼんち【佐久盆地】

長野県東部の高原性の盆地。高冷地野菜の栽培が盛ん。佐久平(さくだいら)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

佐久盆地【さくぼんち】

長野県東部,浅間山蓼科山,関東山地に囲まれた盆地。佐久平とも。千曲川上流域を占め,標高約700m,南部は千曲川扇状地で水田が多く,北部は浅間山の火山堆積物による台地で,谷底での米作,台地上での高原野菜・果樹栽培が盛ん。
→関連項目臼田[町]御代田[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さくぼんち【佐久盆地】

長野県東部にある小盆地で,佐久平とも呼ばれる。北は浅間火山群,東は関東山地,西は蓼科(たてしな)山などに囲まれ,盆地床の標高は650~800mと日本の盆地としては高く,北部は浅間山の火山噴出物が堆積した台地,南部は千曲川の沖積地からなる。降水量は年900~1000mmで年間を通じて少なく,日本では有数の寡雨地帯となっている。また年平均気温は11℃前後で,夏は高温となるが乾燥しており,気温の日較差も大きくしのぎやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さくぼんち【佐久盆地】

長野県東部、浅間山と八ヶ岳の間に広がる盆地。盆地の中央を千曲川が流れ、小諸・佐久市が中心地。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕佐久盆地(さくぼんち)


長野県東部、千曲(ちくま)川上流域の盆地。東は関東(かんとう)山地、北は浅間(あさま)山(標高2568m)、南西は八ヶ(やつが)岳(同2899m)連峰に限られる。標高約600~1000m。中心は佐久市・小諸(こもろ)市。佐久平(さくだいら)とも。千曲川の沖積地では稲作、山麓(さんろく)では高原野菜・果樹栽培が盛ん。近年は電機・機械工場が進出。佐久鯉(ごい)が特産品。山麓は軽井沢(かるいざわ)・蓼科(たてしな)山に続く高原避暑地で、別荘や宿泊施設などが多い。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐久盆地
さくぼんち

長野県東部、千曲(ちくま)川の上流部を占める高原性盆地。北は浅間火山、西と南は蓼科(たてしな)火山、八ヶ岳(やつがたけ)、東は関東山地に囲まれ、標高は650~1000メートルである。農業は野菜に特色があり、工業は県下では遅れていたが、最近地価が安いこともあって電機工場の進出がみられる。首都圏に近いことと、高原の冷涼性や雄大な景観を利用し、盆地周辺部の軽井沢や八ヶ岳東麓(とうろく)などの火山裾野(すその)は、別荘休養地に開発されている所が多い。小諸(こもろ)市、佐久市が盆地の中心である。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone