コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚金之助 おおつかきんのすけ

5件 の用語解説(大塚金之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大塚金之助
おおつかきんのすけ

[生]1892.5.15. 東京
[没]1977.5.9. 東京
経済学者。 1916年東京高等商業学校 (のちの東京商科大学,現一橋大学) 卒業。 17年同校教員となり,19~24年欧米に留学ののち東京商科大学教授。『日本資本主義発達史講座』 (1932~33) の共同編集者となったが,33年治安維持法違反容疑で逮捕され解職される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおつか‐きんのすけ〔おほつか‐〕【大塚金之助】

[1892~1977]経済学者。東京の生まれ。「日本資本主義発達史講座」の経済思想史を執筆。第二次大戦後、一橋大学経済研究所所長などを務めた。著「解放思想史の人々」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚金之助 おおつか-きんのすけ

1892-1977 大正-昭和時代の経済学者。
明治25年5月15日生まれ。昭和2年母校東京商大(現一橋大)の教授。「日本資本主義発達史講座」の共同編集作業中の8年治安維持法違反で投獄され,辞職する。戦後復職し,経済研究所長などをつとめた。学士院会員。昭和52年5月9日死去。84歳。東京出身。著作に「経済思想史」,歌集に「朝あけ」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおつかきんのすけ【大塚金之助】

1892~1977) 経済学者・思想史家。東京生まれ。一橋大教授。日本資本主義発達史講座の経済思想史を執筆。著「解放思想史の人々」などのほか、歌集「人民」を残す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大塚金之助
おおつかきんのすけ
(1892―1977)

経済学者。明治25年5月15日東京・神田に生まれる。1916年(大正5)東京高等商業学校(後の東京商科大学、現一橋大学)専攻部卒業。19年から24年まで欧米に留学、激動期ドイツの諸思想に触れる。帰国後、東京商科大学教授として経済原論、経済学史を担当。『日本資本主義発達史講座』の共同編集者となる。33年(昭和8)治安維持法違反で逮捕され、失職。官憲の監視下に置かれ、和洋書1500余を自ら焼却した(第二次世界大戦後そのリストを私家版で刊行)。戦後同大学に復帰、経済研究所所長などを務め、56年(昭和31)定年退職名誉教授となった。62年ドイツ民主共和国国立図書館に和書6000余を寄贈、74年一橋大学に収められた洋書8000余とともに、東西二つの大塚文庫を残した。アララギ派、のちプロレタリア派歌人としても活躍、79年歌集『人民』が出版された。昭和52年5月9日没。[杉山忠平]
『『大塚金之助著作集』全10巻(1980~81・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大塚金之助の関連キーワード賄賂罪アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪アッタロス斡旋収賄罪津野(町)東津野身分犯カルクアルカリ岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大塚金之助の関連情報