高平 小五郎(読み)タカヒラ コゴロウ

20世紀日本人名事典の解説

高平 小五郎
タカヒラ コゴロウ

明治期の外交官,男爵 駐米大使;貴院議員(勅選)。



生年
嘉永7年1月1日(1854年)

没年
大正15(1926)年11月28日

出生地
陸奥国一関(岩手県一関市)

旧姓(旧名)
田崎

学歴〔年〕
開成学校(現・東大)〔明治6年〕卒

経歴
一関藩士・田崎三徹の三男に生まれ、同藩士・高平真藤の養子となる。明治6年工部省に出仕し、9年外務省に転じた。27年駐イタリア公使、28年駐オーストリア兼スウェーデン公使、32年外務次官、33年駐米公使を歴任。38年ポーツマス講和会議に小村寿太郎とともに全権委員として出席。翌39年男爵を授けられ、同年〜40年貴院議員に勅選された。41年駐米大使となり、国務長官ルートとの間に〈高平・ルート協定〉を締結した。43年伏見宮貞愛親王に随行して渡英、45年退官した。大正6〜15年再度貴院議員に勅選された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

高平 小五郎 (たかひら こごろう)

生年月日:1854年1月1日
明治時代の外交官
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android