高杯∥高坏(読み)たかつき

世界大百科事典 第2版の解説

たかつき【高杯∥高坏】

皿のように浅い器を脚台上にのせた形状の器。()(つき)は縁の器壁が比較的低い器である。平城宮出土の土師器(はじき)の高杯には,〈高坏〉〈高盤(たかさら)〉と書したものがある。中国では古く,高杯形の木製品を〈(とう)〉,竹製品を〈籩(へん)〉と呼んだ。ただし中国考古学では土器青銅器の高杯も豆と称する。日本では後・晩期縄文土器にも散見するが,弥生時代に入ると木器として発達し,中期からは土器としても普及する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の高杯∥高坏の言及

【弥生土器】より

…弥生文化に用いられた軟質,赤焼きの土器。縄文土器に後続し,古墳時代の土師器(はじき)に先行する。1884年に東京本郷の弥生町向ヶ丘貝塚(弥生町遺跡)で採集された土器がもとになって,90年代から〈弥生式土器〉の名称が生まれた。最近では,細別するときに加曾利B式,遠賀(おんが)川式など〈式〉をつけるほうが明快だという考えから,総称としては〈式〉を抜いて〈縄文土器〉〈弥生土器〉の名が使われる。なお近年までは,冒頭に掲げた定義とまったく逆に,〈弥生式土器〉の行われた文化・時代を弥生文化,弥生時代と呼んできた。…

※「高杯∥高坏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android