コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とうdou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


とう
dou

中国古代に用いられた脚付き,ふた付きの食器。黒灰色の土器で,竜山文化以降盛んにつくられ,のちに青銅製もつくられた。日本の高坏 (たかつき) にあたり,中国では礼器として使用された。


まめ
bean; legume

マメ科植物種子の総称としても使われるが,普通は食用となるものをさす。穀物に次いで重要な食用資源で,数千年も昔から栽培されているものが多い。主として一年生または越年生の種類で,種子は子葉が肥厚して貯蔵器官となった無胚乳種子である。蛋白質油脂デンプンなどを多量に含み,また塩類やビタミン類などの含量も多い。エンドウやインゲンなどでは,成熟種子のほか未熟の莢 (豆果) も食用にする。大豆は蛋白質や油脂を多く含み,昔から味噌,醤油,豆腐などの原料となる。ほかにソラマメアズキササゲフジマメナタマメナンキンマメ (ピーナッツ) などが食用に栽培される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ず【豆/頭】[漢字項目]

〈豆〉⇒とう
〈頭〉⇒とう

とう【豆】

中国古来の高坏(たかつき)状の皿・鉢。食器、また祭器ともされ、陶製・青銅製・木製などで蓋(ふた)がつくものとつかないものとがある。

とう【豆】[漢字項目]

[音]トウ(漢) (ヅ)(呉) [訓]まめ
学習漢字]3年
〈トウ〉
五穀の一。ダイズ。広く、まめ。「豆乳豆腐豌豆(えんどう)納豆(なっとう)
昔の食器の一。たかつき。「俎豆(そとう)
〈ズ〉
まめ。「大豆巴豆(はず)
伊豆(いず)国。「豆州
〈まめ〉「豆粒枝豆黒豆血豆煮豆南京豆(ナンキンまめ)
[難読]小豆(あずき)豆汁(ご)豆油(ご)豇豆(ささげ)大角豆(ささげ)

まめ【豆/×荳/×菽】

[名]
マメ科植物の種子。特にそのうち、食用にするものの総称。大豆(だいず)小豆(あずき)ササゲエンドウソラマメインゲンマメラッカセイなど。マメ科の双子葉植物は約1万3000種が寒帯から熱帯まで広く分布し、草本または木本。葉は複葉で、花は蝶形花が多い。果実は豆果で、莢(さや)の中に種子がある。種子は胚乳が発達せず、子葉が発達して大部分を占め、でんぷんや脂肪を蓄える。
特に、大豆。「―かす」「―細工」
女性の陰部。特に陰核をいう。
料理に使う、豚・牛などの腎臓。
[接頭]名詞に付く。
形や規模などが小さい意を表す。「―電球」「―台風」
子供である意を表す。「―記者」
[下接語]青豆畦(あぜ)豆煎(い)り豆隠元豆鶯(うぐいす)豆鶉(うずら)豆打ち豆枝豆阿多福(おたふく)豆籬(かき)豆カラバル豆金時豆黒豆源氏豆コーヒー豆五目豆砂糖豆莢(さや)豆三度豆塩豆白豆底豆空豆狸(たぬき)豆痰(たん)切り豆血豆蔓(つる)豆年の豆鉈(なた)豆夏豆南京(ナンキン)豆煮豆羽団扇(はうちわ)豆弾け豆八升豆雛(ひよこ)豆富貴(ふき)豆福豆藤(ふじ)豆味噌(みそ)豆蜜(みつ)豆

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

豆【まめ】

マメ科植物のうち,種子を食用とするもの,また種子そのものの総称。古くはダイズのことをさした。イネ科の作物に次いで重要な食用作物で,種子は栄養価が高い。おもなものはダイズ,アズキ,ラッカセイ,エンドウ,インゲン,ソラマメ,ナタマメ,ササゲ,フジマメなど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とう【豆 dòu】

中国の新石器時代竜山文化期から,漢代以後まで長く使用された盛食器。日本の高杯(たかつき)にあたる。陶製の豆は竜山文化期から広くみられ,殷代には白陶,西周時代には釉陶のものがあり,後世まで日常の器物として使用された。木製の豆は梪(とう)といわれ,戦国時代以後のものが知られる。《爾雅》によれば,竹製の豆は籩(へん),瓦製は登というとある。青銅製の豆は西周時代後期になって現れる。とくに春秋時代後期から戦国時代にかけて盛んにつくられ,有蓋の豆もある。

まめ【豆 legume】

広く食用にされているマメ科植物の種子,あるいは若い果実の総称。また,転じて,コーヒー豆のように小さくて丸いものを豆と呼ぶことがある。
[豆類の特性]
 マメ科の植物は,熱帯から寒帯まで,湿潤気候域から乾燥気候域まで広い範囲にわたって生育し,その生活型も70mをこえる高木から,低木,多年草一年草,あるいはつる植物とさまざまである。しかし,そのような多様さにもかかわらず,マメ科植物の果実は1枚の心皮からなり,側膜胎座を有し,例外的なものを除くと乾果で,いわゆる豆果と呼ばれる独得の形をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とう【豆】

中国古代の高坏たかつきに似た、食物を盛るのに用いた器物。青銅製の礼器は、西周時代に現れ、春秋時代に蓋のつくものがみられるようになった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


まめ

古くはダイズ(大豆)をさしたが、現在では食用とされるマメ科植物の種子を総称することが多い。ときには食用以外のものも含んだマメ科の種子、あるいはマメ科植物全般をさすこともある。マメ科の種子では胚乳(はいにゅう)はほとんど発達しないが、そのかわり2枚の子葉が種子の大部分を占めるほどに発達し、デンプンや脂肪などを蓄える。発芽の際、この子葉は地上に出て展開するのが普通だが、種によっては子葉の下の胚軸が伸長しないため、地下に残る。未熟な莢(さや)の中で、種子の珠柄についていた部分を「へそ(臍)」とよぶ。完熟した種子には珠柄組織の一部が残ることが多く、へそ全体を覆ったり、しばしば、へそを取り巻いてさまざまな形をなし、いわゆる仮種皮となる。へその形態は種ごとに異なるが、一つの種のなかではきわめて安定しており、種の区別には有効である。マメ科の種子は、種皮が硬く、吸水しにくい、いわゆる硬実(こうじつ)である。[立石庸一]

有用種

マメ科は植物のなかでもっとも有用で、食料に限っても、生産量はイネ科に次ぎ、ヨーロッパを除く世界各地で独自に野生種から作物にされた。代表的な食用豆と原産地を列挙すると、中国ではダイズ、アズキ、インドを中心とする熱帯アジアではケツルアズキ、リョクトウ、ツルアズキ、モスビーン、ホースグラム、フジマメ、ハッショウマメ、キマメ、メソポタミアを中心とする西アジアではヒヨコマメ、レンズマメ、エンドウ、ソラマメ、アフリカではササゲやバンバラビーン、メキシコと西インド諸島ではインゲンマメ、ベニバナインゲン、タチナタマメ、アンデスではライマメやラッカセイなどである。
 また、野菜、飼料、緑肥、グランドカバー、風致樹、用材、樹脂、油、染料、香料、薬用、装飾品、観賞用とその利用は多方面にわたり、重要な経済植物も少なくない。また、利用される部位も、花、莢、種子、種衣(しゅい)、材、樹液、地下茎、根、葉とさまざまである。さらに、分類的には草本だけでなく、樹木も食料や工業用に利用される。それらの代表種にはアフリカやインド、熱帯アジアのパルキア属Parkiaや中近東から地中海沿岸のイナゴマメがある。
 野菜には若莢を食べるエンドウ、インゲン、ジュウロクササゲのほか、インドではクラスタビーンやホースグラム、熱帯ではシカクマメが利用されている。エンドウは若い茎葉(豆苗(とうみょう))も食べられ、東南アジアには独自の葉茎菜にミズオジギソウや花を食べるシロゴチョウがあり、クズイモやホドイモは塊根が食用になる。もやしはケツルアズキ(ブラックビーン)がもっとも多いが、リョクトウ、ダイズ、アルファルファ(ウマゴヤシ)などもある。緑肥にはレンゲや熱帯のクズモドキ、サンヘンプなど、飼料にはクローバーやアルファルファが代表的。高級材としてシタン、ローズウッド、タガヤサン、アメリカネム、ペルーバルサム、アフリカンマホガニーなどがある。アカシア属からはアラビアゴム、ゲンゲ属からはトラガカントゴム、メロキシロン属からはトルーバルサム、トラキロビウム属からはザンジバルコーパルなどの樹脂がとれる。南アメリカのコパイフェラ属の幹には油管があり、直接自動車を動かせる油が産出する。クラスタビーンの種子はマンノガラクトンの濃度が高く、粘性が強く、中国では石油採油に使われる。ダイズとラッカセイは重要な食料油作物である。
 イナゴマメの種子からチョコレートの代用品がつくられ、カフェインを含まないので、アメリカでは自然食愛好家が好む。南アメリカのオオイナゴマメの種衣は粉質で、ミルクに溶かして飲料にされる。南アメリカのインガ属の種衣は甘く、果物として扱われる。タマリンドウの種衣はクエン酸やリンゴ酸を含み甘酸っぱく、熱帯で清涼飲料、酒、菓子に使用されている。カワラケツメイ、トウアズキの葉やハブソウの種子はお茶にする。トンカマメとキンゴウカンの花からは香水がとれる。薬用種も多いが、カンゾウ、クララ、コロハ、ハブソウ、エビスグサ、エンジュ、デリスなどが代表的である。
 赤や黒の美しい豆は、ネックレスをはじめ種々の装飾品となる。観賞用植物も豊富で、スイートピー、ルピナス、オジギソウ、ハギ、エニシダ、ハナズオウ、ネム、フジがあり、熱帯では、デイコ、アカシア、ホウオウボク、オウゴチョウ、バーフィニア(ホンコンザクラ)、カシア属のゴールデンシャワーとピンクシャワー、ホウカンボク、ヨウラクボク、ベニゴウカン、キングサリや仏教の聖木ムユウジュ、バラモン教の聖木ハナモツヤクノキなどの樹木をはじめ、つるではチョウマメや緑白色の花のヒスイカズラなど多彩である。
 なお狭義の豆とは、通常はマメ科の種子のみをいうが、コーヒー豆(アカネ科)やハズ(トウダイグサ科)のように、他科の丸い小粒の種子を豆とよぶこともある。[湯浅浩史]

栽培史

豆の栽培は穀物とともに古く、各地の初期農耕遺跡から豆が発見されている。メソポタミアでは紀元前8000~前6000年のエンドウとレンズマメが出土し、前5000年ヒヨコマメが加わり、栽培も広がり、ヨーロッパには前5000~前4000年にかけて、エンドウとレンズマメが伝わった。ソラマメの出現は遅れ、初期青銅器時代(前3000~前2000)である。これらのマメは古代エジプトでも栽培された。
 インドには前2000年ころまでにエンドウ、ヒヨコマメ、レンズマメが伝来した。一方、インド原産の豆類がいつごろから栽培化されたかは資料が少ないが、リョクトウとケツルアズキは日本の鳥浜貝塚(福井県)の縄文前期の前6000~前5000年の地層から出土しているので、起源は相当古いと考えられる。
 中国のダイズは、周代にその象形文字である(叔にあたる)が現れる。前7世紀ころまで中南部で雲貴高原原産の黒いダイズが栽培され、北方系の黄色いダイズは春秋時代に斉(せい)の桓公(かんこう)が中原(ちゅうげん)に伝えたといわれる。
 アメリカでは、メキシコのオアハカの洞窟(どうくつ)遺跡から前8000年ころのインゲンマメ属の種子がみいだされ、前2400年ころまでにはインゲンマメ、ベニバナインゲン、タチナタマメが栽培されたことが明らかにされている。ペルーではライマメが前3000年のチルカ遺跡、および前2500年のワカ・プリエタ遺跡から発掘されている。同じくワカ・プリエタの前850年の地層からラッカセイが出土しているが、ラッカセイはさらにそれをさかのぼる報告もある。[湯浅浩史]

利用

日本では紀元前の豆としては、鳥浜貝塚のリョクトウとケツルアズキだけが知られる。ダイズとアズキは死体穀物誕生型の神話が、『日本書紀』(巻1・神代上)にあり、保食神(うけもちのかみ)の死体の「陰(ほと)に麦及び大小豆(まめあつき)生れり」と語られている。『万葉集』にマメは1首、巻20で「道の辺の茨(うまら)の末(うれ)に這(は)ほ麻米(まめ)のからまる君を別(はか)れか行かむ」と詠まれている。このマメは野生のツルマメかヤブマメとされる。
 アズキを赤飯として特別な日に食べる風習は平安時代に原型がみられ、『延喜式(えんぎしき)』には、1月15日、宮中、民間ともに小豆粥(あずきがゆ)を食べた記述がある。中国では3世紀なかばの周処の『風土記』に、アズキを14粒飲むと一年中病気にかからないと書かれ、冬至に小豆粥をつくって食べた。アズキに威力があるとみられた根拠の一つは、赤を火(陽)の象徴としてとらえる中国の陰陽思想に由来するとの見解がある。
 豆の種子は大きさや重さが一定したのが多く、インドではケツルアズキを金粉や真珠の計量用分銅に、スリランカなどでもナンバンアカアズキ(クジャクマメAdenanthera pavonina L.)を宝石や高価な薬の分銅に使った。ナンバンアカアズキやデイコは種子が赤く、ベニマメノキ属やトウアズキ属は赤と黒の2色で美しく、アマゾンのインディオ、オーストラリアのアボリジニーをはじめ、各地の先住民がネックレスやブレスレットなどの装飾品に利用している。
 聖書に登場するイナゴマメは、「聖ヨハネのパン」St. John's breadとよばれる。[湯浅浩史]

民俗


日本
大豆は中国原産の作物で、日本に導入されたのも古い。『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』(931~938ころ)ではすでに和名を「万米(まめ)」としている。これは、大豆は定畑(じょうばた)や田畑の畔(あぜ)でつくられるほか、焼畑でも多くつくられ、また食物としても副食および調味料の代表的存在であることからわかるように、古くから重要な、かつなじみ深い作物・食物だったからである。日本でつくられている大豆には夏大豆型、秋大豆型、その中間型とがあり、おおよそ中部、近畿、四国、中国地方では秋大豆型、それ以外の地方では夏大豆型か中間型をつくる。秋大豆型の地方と、北九州・沖縄では、作付けに豆突き棒などとよぶ棒を使い、耕土面に穴をあけて種を播(ま)く所がある。食物としては煮豆、煎(いり)豆、呉汁(ごじる)、きな粉、加工品としてみそ、しょうゆ、湯葉、納豆があり、また食用油もとっている。大豆はこうした実用的利用だけでなく、節分(年越(としこし))に煎(い)った大豆を鬼打ちに撒(ま)き、これを年齢の数だけ食べると健康だという伝承が全国的にあり、さらに、小正月(こしょうがつ)や節分の年占(としうら)の一種に豆占(まめうら)もあることなどから、呪(じゅ)的な穀物と考えられていたことがうかがえる。豆占とは、いろりなどへ大豆を月の数だけ並べ、焼けぐあいでその年の各月の天候や吉凶を占うことである。天候は大豆が白いと晴、黒く焦げると雨、早く焼けると干害があるなどという。このほか、大豆を耳塞(みみふさ)ぎ(同齢者が死んだときの呪術)に使ったり、粉を豊作の呪(まじな)いに使う所もある。[小川直之]
世界
塊根(かいこん)栽培民を除いた多くの農耕社会では、豆類は穀物を補うもの、あるいは両者がそろって初めて農耕が完全なものになるということから、この二つは象徴的な意味で補完的対立をなすものとしてとらえられることがある。たとえば北および中央アメリカの先住民は、しばしばトウモロコシと同じ穴かそのそばに豆を播(ま)くので、豆はトウモロコシの茎に絡みついて生育する。そして北米先住民イロコイ人の社会では、その場合にトウモロコシを男性、豆を女性とし、逆にトゥテロー人の社会ではトウモロコシを女性、豆を男性とする。またメキシコのマヤ語族チャムラ人は、太陽(キリストでもある)がトウモロコシを、月(マリア)が豆とジャガイモをもたらしたとしており、いずれにせよトウモロコシ(穀類)と豆は、男と女の関係に対応するような補完的対立関係をなしていると考えられる。さらに古代インドの豊穣(ほうじょう)儀礼では、1粒の大麦が男根を、2粒の豆が睾丸(こうがん)を象徴している。これらのことからフランスの人類学者レビ(レヴィ)・ストロースは、豆は対立的な二つの性の媒介物であると同時に、生と死の中間に位置するあいまいな存在、または生と死の対立を媒介するものと説明している。
 古代ギリシアのエレシウス儀礼で豆が禁止されたり、エジプトの神官やローマのジュピターの司祭が豆を禁食されていた反面、アッティカのピュアノプシア祭のときに豆が食されたり、ローマのバレンタリア祭やフェラリア祭で豆が供物として捧(ささ)げられたのは、やはり豆が二つの世界を交流させたり遮断したりする媒介物としての役割をもつためという。
 ローマのレムリア祭では、家長が黒い豆を口に頬張(ほおば)ってそれを吹き散らしながら家の中を歩いて死者の霊を家から追い出すが、これは日本の節分の豆撒(ま)きを想起させる。また奄美(あまみ)地方には「マブリワハシ」といって、死者の霊が家に残らないように黒く炒(い)った大豆を室内に撒く儀礼がある。日本でも多くの年中行事や通過儀礼に豆類が多く使われるが、これは豆のもつ民俗的意味や作物として(とくに古い焼畑農耕にとって)の重要性のほかに、季節の変わり目や社会的地位の移行時に媒介者としての役割を果たしているためともいえる。[板橋作美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

豆 (マメ)

植物。マメ科の一年草,園芸植物,薬用植物。ダイズの別称

豆 (マメ)

植物。マメ科のつる性一年草。ツルマメの別称

豆 (マメ)

植物。食用豆類の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【青銅器】より

…しかし罍とか大型化した壺(こ)があるところから,酒を使う行事が廃れたわけではなく,青銅器で使られるものが少なくなったというべきである。一方,飯を盛るはちの類で,簋を隅丸長方形にした形の盨(しゆ),低い方錐形の器に同形の蓋をかぶせた形の簠(ほ)が現れ,鬲の比率が増し,つまみ類を盛る高杯(たかつき)(豆(とう))も青銅製のものが多く作られるようになる。食物関係の青銅器が充実してきたといえよう。…

【高杯∥高坏】より

…平城宮出土の土師器(はじき)の高杯には,〈高坏〉〈高盤(たかさら)〉と墨書したものがある。中国では古く,高杯形の木製品を〈(とう)〉,竹製品を〈籩(へん)〉と呼んだ。ただし中国考古学では土器や青銅器の高杯も豆と称する。…

【実】より

…このように自動的に種子を飛ばすものもあるが,裂果の多くは風などでゆれることにより小さい種子を飛ばす受動型である。裂果はさらに袋果follicle(離生めしべで,1ヵ所で縦に裂ける),豆果legume(マメ科のように1心皮性だが,心皮の腹側と背側で裂開する),蒴果(さくか)capsule(合生めしべ)などに分けられる。 閉果は一つの子房室にふつう一つの種子がある実にみられる。…

【ダイズ(大豆)】より

…蝶形花で長さ約5mm,白・紫・淡紅色などを呈する。開花後,約5cmに伸びた莢(さや)の中に2~4個の種子(豆)がはいる。種子は,球~楕円球だが,扁平のものもあり,直径5~10mm,1000粒の重さは100~450g。…

※「豆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豆の関連キーワードウイングビーンピー・グリット蓬莱豆・蓬萊豆コーヒーミルピーストーンエジプト豆泥ペレットピソライト三州味噌豆状鉄鉱化石雨滴凝灰岩球火山性雹赤大角豆奴大角豆火山性霰外郎豆豆打ち赤豇豆富貴豆

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豆の関連情報