コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高梨兵左衛門(23代) たかなし ひょうざえもん

2件 の用語解説(高梨兵左衛門(23代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高梨兵左衛門(23代) たかなし-ひょうざえもん

1749-1803 江戸時代中期-後期の醤油醸造家。
寛延2年生まれ。明和元年から安永元年まで茂木家と合同して醸造業をいとなむ。天明元年亀屋市郎兵衛ら6人と野田造醤油仲間を結成した。享和3年4月19日死去。55歳。下総(しもうさ)葛飾郡上花輪村(千葉県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高梨兵左衛門(23代)

没年:享和3.4.19(1803.6.8)
生年:寛延2(1749)
江戸中期の醤油醸造家。下総国野田(千葉県野田市)生まれ。名は信芳。高梨家は古くから野田の「豪族」として知られた家柄であるが,醤油醸造業を始めたのは19代兵左衛門の下,寛文期のことといわれている。23代兵左衛門は,明和1(1764)年に同じく野田の茂木七郎右衛門家(当主は23代兵左衛門の実兄)と醸造蔵経営の合併を行うが,同8年の暴風雨と火災による損害を期に再び経営を分離。以後,安永1(1772)年に醸造蔵(元蔵)を新築し元石500石を製造,さらに天明2(1782)年に新蔵(出蔵)を増設した。高梨家の製品はジョウジュウ印として知られ,幕末には最上醤油の呼称を幕府から許されているが,その基礎はこの23代によって築かれたといえよう。天明3年の大飢饉に際しては,施米2000石を行い永世苗字帯刀が許された。 高梨家の元石高はその後,天保3(1832)年4300石,明治22(1889)年8000石弱と増大し,同じく野田の茂木佐平治,茂木七郎右衛門家と並んで,幕末から明治大正期に至るまで全国でも最有力の醤油醸造家として君臨した。大正6(1917)年,28代兵左衛門のとき茂木6家および中野家と醤油経営を合同し,野田醤油株式会社(戦後にキッコーマンに改称)を設立。以後,高梨家は株主および取締役として,同社経営に参画している。<参考文献>『野田醤油株式会社二十年史』,佐藤真編「野田の醤油経営史料集成」(『野田市文化財報告』6号)

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高梨兵左衛門(23代)の関連キーワード野田減塩醤油国分勘兵衛(4代)高梨兵左衛門(19代)高橋文右衛門田中玄蕃(初代)田中玄蕃(9代)田中玄蕃(10代)茂木佐平治(3代)茂木七郎右衛門(6代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone