コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高瀬文淵 たかせぶんえん

百科事典マイペディアの解説

高瀬文淵【たかせぶんえん】

評論家,小説家。本名黒川安治。千葉県生れ。千葉師範卒業後,教鞭をとり,1890年ごろから文筆活動を始める。1892年江見水蔭が創刊した《小桜縅(こざくらおどし)》で評論家として活躍する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高瀬文淵 たかせ-ぶんえん

1864-1940 明治-昭和時代前期の評論家,小説家。
文久4年1月26日生まれ。雑誌「小桜縅(こざくらおどし)」で評論活動をおこない,また詩的小説をとなえ小説「詩篇 若葉」を刊行。森鴎外,田岡嶺雲らと論戦,理想主義的文学論を展開した。昭和15年1月26日死去。77歳。安房(あわ)(千葉県)出身。千葉師範卒。本名は黒川安治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高瀬文淵
たかせぶんえん
(1864―1940)

評論家、小説家。安房(あわ)(千葉県)生まれ。本名黒川安治(やすじ)。千葉師範学校卒業。1893年(明治26)小説『詩篇若葉』を刊行、詩的小説を世に示そうとした。その後、評論家として活躍し、森鴎外(おうがい)、田岡嶺雲(れいうん)らとも論戦、川上眉山(びざん)、田山花袋(かたい)らに感化を与えた。他方、『富岡城』(1899)などの小説を明治30年代初期に発表した。同40年ごろ文壇から去り、教育界へと転じたが、大正期にも『講談倶楽部(くらぶ)』などに読物を書いた。[岡 保生]
『『明治文学全集23 高瀬文淵他集』(1971・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高瀬文淵の関連キーワード3月10日河井酔茗山田美妙

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android