コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高瀬文淵 たかせぶんえん

3件 の用語解説(高瀬文淵の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

高瀬文淵【たかせぶんえん】

評論家,小説家。本名黒川安治。千葉県生れ。千葉師範卒業後,教鞭をとり,1890年ごろから文筆活動を始める。1892年江見水蔭が創刊した《小桜縅(こざくらおどし)》で評論家として活躍する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高瀬文淵 たかせ-ぶんえん

1864-1940 明治-昭和時代前期の評論家,小説家。
文久4年1月26日生まれ。雑誌「小桜縅(こざくらおどし)」で評論活動をおこない,また詩的小説をとなえ小説「詩篇 若葉」を刊行。森鴎外,田岡嶺雲らと論戦,理想主義的文学論を展開した。昭和15年1月26日死去。77歳。安房(あわ)(千葉県)出身。千葉師範卒。本名は黒川安治。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高瀬文淵
たかせぶんえん
(1864―1940)

評論家、小説家。安房(あわ)(千葉県)生まれ。本名黒川安治(やすじ)。千葉師範学校卒業。1893年(明治26)小説『詩篇若葉』を刊行、詩的小説を世に示そうとした。その後、評論家として活躍し、森鴎外(おうがい)、田岡嶺雲(れいうん)らとも論戦、川上眉山(びざん)、田山花袋(かたい)らに感化を与えた。他方、『富岡城』(1899)などの小説を明治30年代初期に発表した。同40年ごろ文壇から去り、教育界へと転じたが、大正期にも『講談倶楽部(くらぶ)』などに読物を書いた。[岡 保生]
『『明治文学全集23 高瀬文淵他集』(1971・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高瀬文淵の関連キーワード阿蘇惟孝牛尾梅吉加藤諦見佐久間文吾鈴木諦教関口高次十時弥中川浄益(10代)松平頼安山名義路

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone