コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部真之助 あべしんのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿部真之助
あべしんのすけ

[生]1884.3.29. 熊谷
[没]1964.7.9. 東京
ジャーナリスト。東京大学卒業後,満州日日新聞社を経て 1911年『東京日日新聞』へ入社,のちの同紙学芸欄全盛時代を築いた。野人肌のジャーナリストとして有名。 56年日本エッセイスト・クラブ会長,60年 10月 NHK会長に就任し,在任中死去。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

阿部真之助【あべしんのすけ】

ジャーナリスト,評論家。東大卒業後,《満州日日新聞》を振出しに,《東京日日新聞》,《大阪毎日新聞》などで40年間記者として活躍。1944年《毎日新聞》を退社後,各種政府委員,NHK会長などを歴任

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿部真之助 あべ-しんのすけ

1884-1964 大正-昭和時代のジャーナリスト。
明治17年3月29日生まれ。44年東京日日新聞社(現毎日新聞社)にはいり,昭和13年取締役。「サンデー毎日」の時評を28年間執筆。人物・政治・社会評論を得意とした。28年日本エッセイスト・クラブを創立,35年NHK会長。30年菊池寛賞。昭和39年7月9日死去。80歳。埼玉県出身。東京帝大卒。筆名は野山草吉。著作に「新人物論」「近代政治家評伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿部真之助
あべしんのすけ
(1884―1964)

大正・昭和期に活躍したジャーナリスト、評論家。明治17年3月29日生まれ。群馬県出身。東京帝国大学社会学科卒業。『満州日日新聞』を振り出しに『東京日日新聞』『毎日新聞』で記者生活を送る。社会、学芸、政治、整理各部長を経て、1938年(昭和13)取締役。以後主幹、主筆などを歴任、1944年定年退職。第二次世界大戦後は、得意の毒舌とその底に流れる庶民的批判と抵抗の心情のこもった人物評論や時事評論で多くの愛読者を得た。NHK経営委員長を経て、1960年(昭和35)から9代目のNHK会長に就任。国語審議会会長など各種の政府委員も務めた。著書も多く、1955年には菊池寛(きくちかん)賞、1956年には新聞文化賞を受賞した。昭和39年7月9日死去。[高須正郎]
『大宅壮一他編『阿部真之助選集』全1巻(1964・毎日新聞社) ▽大宅壮一著「阿部真之助論」(『大宅壮一選集 第7巻』所収・1959・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

阿部真之助の関連キーワード中央公論大宅壮一高田 保昭和時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android