高田派(読み)たかだは

精選版 日本国語大辞典の解説

たかだ‐は【高田派】

〘名〙
① 真宗十派の一つ。三重県津市一身田の専修(せんじゅ)寺を本山とするもの。開祖親鸞が、嘉祿元年(一二二五)下野国芳賀郡高田に専修阿彌陀寺を建てたことに始まるという。寛正六年(一四六五)、現地に移転。旧称、専修寺派。
※俳諧・七柏集(1781)「身帯もむかしづくりの古土蔵〈蓼太〉 結納ととのふ先も高田(タカタ)派〈辰風〉」
② 宝蔵院流の槍術の一派。中村尚政の弟子高田又兵衛吉次の創めたもの。宝蔵院流鎌槍の槍術を中心に、五坪兵庫介之政の直槍、柳生流の太刀、穴沢主殿の薙刀などを総合して一流としたといわれる。〔武術流祖録(1843)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田派
たかだは

浄土真宗の一派で,真宗高田派の略称。本山は三重県津市一身田にある専修寺 (せんじゅじ) 。親鸞の弟子,真仏顕智が下野国 (栃木県) 高田にとどまって,いわゆる高田門徒集団を統率したのが発展したもの。現在の本山は寛正6 (1465) 年に 10世真慧が寺基を移したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android