コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高畠達四郎 たかばたけ たつしろう

6件 の用語解説(高畠達四郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高畠達四郎

洋画家。東京生。独立会員。国際形象展同人。昭和51年(1976)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかばたけ‐たつしろう〔‐タツシラウ〕【高畠達四郎】

[1895~1976]洋画家。東京の生まれ。フランスに留学、帰国後、独立美術協会の創立に参加。詩的な風景画で知られた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高畠達四郎【たかばたけたつしろう】

洋画家。東京生れ。慶大を中退,1921年―1928年欧州に留学して絵を学び,初め国画会に出品。1930年独立美術協会結成に参加。作画のかたわら東京芸術大学武蔵野美術大学で後進を指導。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高畠達四郎 たかばたけ-たつしろう

1895-1976 大正-昭和時代の洋画家。
明治28年10月1日生まれ。慶大を中退し本郷洋画研究所でまなぶ。光風会展,帝展に入選。大正10年フランスにわたりアカデミー-ランソンにかよう。昭和5年独立美術協会創立に参加。美術団体連合展出品作の「暮色」が27年第3回毎日美術賞。昭和51年6月26日死去。80歳。東京出身。作品はほかに「裸木と海」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たかばたけたつしろう【高畠達四郎】

1895~1976) 洋画家。東京生まれ。渡仏してパリ画壇の影響を受け、帰国後、独立美術協会の創立に参加。風景画をよくする。代表作「暮色」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高畠達四郎
たかばたけたつしろう
(1895―1976)

洋画家。東京生まれ。1916年(大正5)慶応義塾大学理財科を中退し、本郷洋画研究所に通う。光風会、帝展に出品し、21~28年(昭和3)滞仏、サロン・ドートンヌほかに出品する。30年国画会会員となるが、同年独立美術協会を同志と創立し、毎年出品。51年(昭和26)美術団体連合展出品の『暮色』により第3回毎日美術賞を受ける。国際形象展創立同人。武蔵野(むさしの)美術大学教授。詩趣あるプリミティブな風景画で知られた。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高畠達四郎の関連キーワード河野通勢黒田重太郎油谷達有馬三斗枝栗原信田中万吉硲伊之助不破章松本弘二宮坂勝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone