コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高鍋町 たかなべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高鍋〔町〕
たかなべ

宮崎県中部,小丸川の下流域で,日向灘にのぞむ町。 1901年町制。中心集落の高鍋は小丸川の河口にあり,天正 15 (1587) 年以後財部 (たからべ。延宝年間改称し高鍋) 藩秋月氏の城下町として発達。現在もこの地区が文教,産業などの中心で,化学,酒醸造の工場がある。主産業は農業で米作のほか,トマト,キュウリ,ピーマンなどの施設園芸が行われる。舞鶴神社のクスは天然記念物。持田に史跡の古墳群がある。 JR日豊本線,国道 10号線が通じる。面積 43.8km2。人口 2万1025(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高鍋町の関連キーワード宮崎県児湯郡高鍋町蚊口浦宮崎県児湯郡高鍋町南高鍋宮崎県児湯郡高鍋町高鍋町宮崎県児湯郡高鍋町北高鍋宮崎県児湯郡高鍋町上江宮崎県児湯郡高鍋町持田宮崎県立高鍋高等学校野うさぎの走りたか鍋大使くん爆弾ハナタレ松丸 志摩三柿原 政一郎高鍋町の要覧鈴木 馬左也宮崎県児湯郡持田古墳群南九州大学チマキボラ高鍋(町)柿原政一郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高鍋町の関連情報