コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持田古墳群 もちだこふんぐん

世界大百科事典 第2版の解説

もちだこふんぐん【持田古墳群】

宮崎県のほぼ中央を南東流する小丸川の河口東岸の台地上,児湯郡高鍋町持田に群在する前方後円墳9基,円墳58基を総称して持田古墳群と呼ぶ。前方後円墳のうち,前方部の細長い柄鏡(えかがみ)形のものは小丸川寄りの台地縁辺部にあり,なかでも北西端に位置する計(はかり)塚(持田1号)は,全長53m,後円部径30m,前方部幅20mで,群中最大の規模をもつ。一方,前方部の発達したものは台地中央寄りにあり,円墳もまたここに多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

もちだこふんぐん【持田古墳群】


宮崎県児湯(こゆ)郡高鍋町持田にある古墳群。県のほぼ中央を流れる小丸川下流左岸に所在する、前方後円墳10基、円墳75基からなる古墳群。宮崎県の代表的な古墳群で重要な遺物が多数出土していることから、1961年(昭和36)に国の史跡に指定された。古墳群は国道10号を境に東西の標高約50mの台地上とその南東下に広がる沖積平野に形成されているが、古墳の多くは台地の西側に集中。台地平坦部の南西側縁辺に位置する1号墳・計塚(はかりづか)古墳は全長約100mで古墳群最大規模の柄鏡(えかがみ)式前方後円墳。この古墳が5世紀前半に造られ、その後、5世紀後半から6世紀初頭に古墳群は最盛期を迎える。14号墳や27号墳などの前方後円墳や円墳には画文帯神獣鏡(しんじゅうきょう)が副葬され、平野部にも帆立貝形の62号墳・亀塚(かめづか)古墳が築造された。6世紀後半には横穴式石室を有する84号墳に代表されるように、古墳群の最終段階を迎える。副葬品のなかで特筆されるのは青銅鏡で、重要文化財に指定されたものは、25号墳出土の画文帯神獣鏡や変形四獣鏡はじめ34面にのぼる。その他多量の玉類や環頭大刀など貴重な遺物が出土。これらの豊富な副葬品は畿内(きない)的色彩の濃いもので、県内における畿内政権拡大の重要な拠点になったものと考えられている。JR日豊本線高鍋駅から車で約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

持田古墳群
もちだこふんぐん

宮崎県児湯(こゆ)郡高鍋(たかなべ)町持田に所在する古墳群。小丸川左岸の標高約50メートルの台地上にあり、前方後円墳12基を含む総数100基に近い古墳群である。前方後円墳のなかには、前方部が低く細長い柄鏡(えかがみ)式のもの(計塚(はかりづか)、45号墳)、前方部が発達して後円部と均衡を保つもの(石舟塚、28号墳・34号墳)、帆立貝(ほたてがい)式のもの(20号墳)がみられる。1929、30年(昭和4、5)ころに乱掘により副葬品が散逸したが、梅原末治(すえじ)によって復原調査が行われた。群中で最大(全長53メートル)規模をもちもっとも古式と考えられる計塚は、舟形木棺を収めた竪穴(たてあな)式石室と推測され、鏡2、勾玉(まがたま)5の副葬品が確認されている。また石舟塚には、後円部に舟形石棺が残存している。20、24、25号墳からは画文帯神獣鏡、48号墳からは群馬県前橋市後閑天神山(ごかんてんじんやま)古墳出土のものと同笵(どうはん)の三角縁神獣鏡が出土している。西都原(さいとばる)古墳群と同じく5世紀の古墳を中心とする日向(ひゅうが)の代表的古墳群。[後藤喜八郎]
『梅原末治著『持田古墳群』(1969・宮崎県教育委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

持田古墳群の関連キーワード宮崎県児湯郡高鍋町持田宮崎県児湯郡高鍋町川南古墳群高鍋(町)副葬品

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android