コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小丸川 おまるがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小丸川
おまるがわ

宮崎県中部の九州山地に源を発し,尾鈴山地の西側を南に流れ,高鍋町洪積台地を浸食しながら東流して日向灘に注ぐ川。全長 72km。数多くのダムが造られており,上流部の支流渡川 (どがわ) には県営発電所,中流部には九州電力の発電所がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おまる‐がわ〔をまるがは〕【小丸川】

宮崎県中部を流れる川。東臼杵(うすき)郡椎葉(しいば)村南東部の九州山地に源を発し、ほぼ東流したのち尾鈴山地に阻まれて南流に転じ、宮崎平野北部の児湯(こゆ)郡高鍋町で日向(ひゅうが)灘に注ぐ。長さ73キロ。中流部の木城(きじょう)町石河内(いしかわうち)に武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)ゆかりの「新しき村」がある。下流部は洪積台地を浸食した小さな沖積平野があり、高鍋町の市街地となっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕小丸川(おまるがわ)


宮崎県中部を流れる川。東臼杵(ひがしうすき)郡椎葉(しいば)村南東部の九州山地に源を発し、曲流しながら南東流し、児湯(こゆ)郡高鍋(たかなべ)町で日向灘(ひゅうがなだ)に注ぐ。1級河川(小丸川水系)。延長75km。流域面積474km2。電源開発事業により、中流に松尾(まつお)ダム・浜口(はまぐち)ダム、支流に渡川(どがわ)ダムが建設された。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小丸川
おまるがわ

宮崎県中部、九州山地に発し、高鍋町(たかなべちょう)で日向灘(ひゅうがなだ)に注ぐ川。一級河川。延長75キロメートル、流域面積474平方キロメートル。源は椎葉村(しいばむら)で、ほぼ東流するが、支流渡川(どがわ)をあわせた東臼杵郡(ひがしうすきぐん)美郷町(みさとちょう)南郷(なんごう)区付近で尾鈴山地(おすずさんち)に阻まれ南流し、深い先行性河谷となる。中流部の木城町(きじょうちょう)石河内(いしがわち)には武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)ゆかりの「日向(ひゅうが)新しき村」がある。下流部は洪積台地を侵食、狭い沖積平野を形成する。2007年(平成19)から段階的に運用を開始している小丸川発電所(最大出力120万キロワット)など、豊富な水量を利用した4発電所がある。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小丸川の関連キーワード南郷(宮崎県北部の地名、旧町名)宮崎県児湯郡木城町武者小路実篤宗麟原供養塔持田古墳群川南古墳群木城[町]木城(町)南郷[村]川南町美郷町木城町曲流浜口南郷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小丸川の関連情報