コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高麗縁/高麗端 コウライベリ

デジタル大辞泉の解説

こうらい‐べり〔カウライ‐〕【高縁/高端】

畳の縁(へり)の一種。白地の綾に雲形菊花などの紋を黒く織り出したもの。紋に大小があり、親王・大臣などは大紋公卿小紋を用いた。のちには、白麻布に黒の小紋を染めたものをもいう。高麗。こうらいばし。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうらいべり【高麗縁】

畳のへりの一種。白地の綾に雲形・菊花などの紋様を黒く織り出したもの。紋の大きさに大小があり、大紋は親王・将軍などが用い小紋は公卿が用いた。こうらいばし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高麗縁
こうらいべり

白地に黒の小紋(こもん)を染めた麻の畳縁。黒などの色の普通の縁に対して、格式のある場所に使われる。一般の住宅では床の間に、寺院では客殿、本堂などに使われている。古くは白綾(しろあや)に雲形、菊花などの紋を黒く織り出したものをいい、紋に大小があって、親王・大臣は大紋(だいもん)、大臣以下の公卿(くぎょう)は小紋、僧正以下の僧も同じというように、使う場所に制限があった(『海人藻芥(あまのもくず)』)。白麻布に黒の小紋を染めたものは略式である。[平井 聖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高麗縁/高麗端の言及

【畳】より

…《延喜式》には朝廷で使われた畳の規格が書かれているが,長帖,短帖,狭帖など,長さ10mから1.2m,幅1.35mから1.08mの間でさまざまな形のものがあり,厚畳と,厚さがその半分の薄畳があった。畳縁(たたみべり)は糸目を布で覆ったが,その色と文様によって,各色を並べた繧繝縁(うんげんべり)は神仏と天皇,雲と菊の大紋を織りまたは染めだした大紋高麗(こうらい)縁は親王および大臣,小紋高麗縁は公卿,紫端は五位以上,黄端は六位といった格付けがなされ,そこに座る人の位階を示す役割を持っていた。この畳が行事のたびごとに板床の部屋に敷き並べられたのであるが,平安後期になると,通常人の席に当たる部分には常設的に畳が敷き置かれるようになり,身分の高い人の座はさらにその上に畳を重ねるようになった。…

※「高麗縁/高麗端」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高麗縁/高麗端の関連キーワードござ(茣蓙∥御座)高麗端・高麗縁大紋の高麗茣蓙敷物紋様

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android