コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魑魅魍魎 チミモウリョウ

デジタル大辞泉の解説

ちみ‐もうりょう〔‐マウリヤウ〕【×魑魅××魎】

《「魍魎」は山川木石精霊》いろいろな化け物。さまざまな妖怪変化(へんげ)。「魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちみもうりょう【魑魅魍魎】

山川の精霊をいう。また螭蜽とも書く。中国の《左伝》の注に〈魑魅は山川の異気の生む所にして人に害をなすもの〉,また,《国語》の〈木石の怪を夔蜽(きもうりよう)と曰(い)う〉の注に〈蜽は山精,好んで人の声を斅(まな)びて人を迷惑(まどわ)す〉とあるように,こだますだまの類をさす。これらは地方的な精霊であるため,中央集権的な々の体制には服さず,それゆえ,人々が何の準備もなくこうした精霊と遭遇するのは危険であるとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちみもうりょう【魑魅魍魎】

いろいろの化け物。さまざまの怪物。 → 魑魅魍魎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

魑魅魍魎の関連キーワード胸に当たる新藤兼人デーモン中平 康中平康加藤諒左伝魑魅羅聘悪魔道教

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魑魅魍魎の関連情報