コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮫島実三郎 さめじまじつさぶろう

3件 の用語解説(鮫島実三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮫島実三郎
さめじまじつさぶろう

[生]1890.7.3. 大阪
[没]1973.4.30. 東京
化学者。東京帝国大学化学科卒業 (1914) 。東北帝国大学を経て,東京大学教授 (23~51) ,有機化学を担当。 1952年「膠質化学に関する研究」に対し日本学士院賞。 58年より日本学士院会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鮫島実三郎 さめじま-じつさぶろう

1890-1973 大正-昭和時代の物理化学者。
明治23年7月3日生まれ。欧米各国に留学後,東北帝大教授をへて,大正12年東京帝大教授。15年月刊の欧文誌を創刊した。膠質(こうしつ)学に関する研究で,昭和27年学士院賞。昭和48年4月30日死去。82歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「物理化学教本」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鮫島実三郎
さめしまじつさぶろう
(1890―1973)

物理化学者、コロイド化学者。明治23年7月3日、大阪に生まれる。1914年(大正3)東京帝国大学理科大学を卒業、リチャーズアメリカ)、ドナンイギリス)、ペランフランス)らのもとに学び、1922年(大正11)東北帝国大学教授、翌1923年東京帝国大学教授となった。固体による気体収着の研究などから界面化学の道へ進み、多くの後進を養成して、日本のコロイド、界面化学の指導的地位にあった。1926年には欧文日本化学会誌を創刊、日本の化学の国際化に寄与した。1952年(昭和27)日本学士院賞受賞。昭和48年4月30日、東京で死去した。[中川鶴太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮫島実三郎の関連キーワード荒勝文策木村正路三枝彦雄清水武雄鈴木清太郎田中務近角聡信西久光武藤俊之助山田光雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone