コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナ

デジタル大辞泉の解説

いな【×鯔】

全長20センチ程度のボラ幼魚 秋》

ぼら【×鯔/×鰡】

スズキ目ボラ科の海水魚。体は円筒形でやや側扁し、全長約80センチ。背面が灰青色、腹面は銀白色。胃壁は肥厚し、俗にへそという。幼魚期を内湾や淡水で過ごし、外海に出て成熟・産卵する。出世魚の一で、一般に3センチくらいをハク、5~10センチをオボコ・スバシリ、20センチくらいをイナ、30~40センチをボラ、50センチ以上をトドとよぶ。温・熱帯に分布し、日本では関東以南に多い。食用。卵巣の塩干しをからすみという。 秋》「岸釣や波立てすぎし―の列/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いな【鯔】

ボラの若魚の呼称。全長は約20センチメートル。

とど【鯔】

( 名 )
成長したボラの称。
限度。ぎりぎりのところ。 「よく生きて五年か三年が-だ/滑稽本・人間万事虚誕計」
( 副 )
〔「とどのつまり」の略〕 結局。歌舞伎のト書きに多く用いられる。 「二三の問答があつて、-僕が狩野法眼元信の幅を…売渡す/吾輩は猫である 漱石
[句項目]

なよし【鯔】

ボラ、またはその若魚イナの古名。 「小家の門のしりくべ縄の-の頭/土左」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鯔 (イナ)

動物。ボラ科の魚。ボラの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鯔の関連キーワード吾輩は猫である服部倉次郎鯔背足駄松本寛樹鮮らけし鯔背銀杏鮮やか能島流滑稽本抜き手関直之簀引き鯔饅頭土左古名若魚呼称口女鯔背倐倐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯔の関連情報