コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 イナ

5件 の用語解説(鯔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いな【×鯔】

全長20センチ程度のボラの幼魚。 秋》

ぼら【×鯔/×鰡】

スズキ目ボラ科の海水魚。体は円筒形でやや側扁し、全長約80センチ。背面が灰青色、腹面は銀白色。胃壁は肥厚し、俗にへそという。幼魚期を内湾や淡水で過ごし、外海に出て成熟・産卵する。出世魚の一で、一般に3センチくらいをハク、5~10センチをオボコ・スバシリ、20センチくらいをイナ、30~40センチをボラ、50センチ以上をトドとよぶ。温・熱帯に分布し、日本では関東以南に多い。食用。卵巣の塩干しをからすみという。 秋》「岸釣や波立てすぎし―の列/秋桜子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いな【鯔】

ボラの若魚の呼称。全長は約20センチメートル。

とど【鯔】

( 名 )
成長したボラの称。
限度。ぎりぎりのところ。 「よく生きて五年か三年が-だ/滑稽本・人間万事虚誕計」
( 副 )
〔「とどのつまり」の略〕 結局。歌舞伎のト書きに多く用いられる。 「二三の問答があつて、-僕が狩野法眼元信の幅を…売渡す/吾輩は猫である 漱石
[句項目]

なよし【鯔】

ボラ、またはその若魚イナの古名。 「小家の門のしりくべ縄の-の頭/土左」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鯔の関連キーワード瘤鯛雀鯛虎鱚羽太笛鯛伊佐木目仁奈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鯔の関連情報