コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナ

デジタル大辞泉の解説

いな【×鯔】

全長20センチ程度のボラの幼魚。 秋》

ぼら【×鯔/×鰡】

スズキ目ボラ科の海水魚。体は円筒形でやや側扁し、全長約80センチ。背面が灰青色、腹面は銀白色。胃壁は肥厚し、俗にへそという。幼魚期を内湾や淡水で過ごし、外海に出て成熟・産卵する。出世魚の一で、一般に3センチくらいをハク、5~10センチをオボコ・スバシリ、20センチくらいをイナ、30~40センチをボラ、50センチ以上をトドとよぶ。温・熱帯に分布し、日本では関東以南に多い。食用。卵巣の塩干しをからすみという。 秋》「岸釣や波立てすぎし―の列/秋桜子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いな【鯔】

ボラの若魚の呼称。全長は約20センチメートル。

とど【鯔】

( 名 )
成長したボラの称。
限度。ぎりぎりのところ。 「よく生きて五年か三年が-だ/滑稽本・人間万事虚誕計」
( 副 )
〔「とどのつまり」の略〕 結局。歌舞伎のト書きに多く用いられる。 「二三の問答があつて、-僕が狩野法眼元信の幅を…売渡す/吾輩は猫である 漱石
[句項目]

なよし【鯔】

ボラ、またはその若魚イナの古名。 「小家の門のしりくべ縄の-の頭/土左」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鯔の関連情報