コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰓尾類 さいびるいbranchiuran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鰓尾類
さいびるい
branchiuran

顎脚綱鰓尾亜綱 Branchiuraとしてまとめられる寄生性甲殻類総称チョウの仲間。1目 1科で,約 100種が知られている。一般に体長 1~1.5cm。体は扁平で甲に覆われる。第2小顎が一対の大型の吸盤に変形し,その間に刺針と吻がある。吸盤の代わりにかぎ(鉤)を備えた種も若干知られている。大部分の種は淡水産で,魚類体表に一時的に寄生して吸血する。養魚場で大きな害を受けることがあり,この寄生症をウオジラミ症と呼ぶ。(→顎脚類節足動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さいび‐るい【×鰓尾類】

鰓尾目の甲殻類の総称。魚に外部寄生して血液を吸収する。チョウなど約100種が知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さいびるい【鰓尾類 fish louse】

鰓尾亜綱鰓尾亜目Branchiuraの小型甲殻類の総称。チョウ科のみを含み,4属約150種が知られ,淡水魚に寄生するチョウ海産魚ウミチョウなどがある。魚類,カエルなどの体表に一時寄生し,血液を吸う。体は透明で,扁平な円盤状の背甲が頭胸部を覆っている。口器の一部が変形した1対の吸盤の間には,毒液宿主に注射するといわれる刺針(ししん)と体液を吸引するための吻(ふん)がある。腹部は小さく,後端は2葉に分かれ,小さな尾叉(びさ)をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鰓尾類の関連キーワードウミチョウ(海魚虱)外部

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android