コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴見祐輔 つるみゆうすけ

3件 の用語解説(鶴見祐輔の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鶴見祐輔【つるみゆうすけ】

政治家,著述家。岡山県出身。1910年東京帝大法科大学卒。初め官界に身を置いた。1928年衆議院議員となり,以後3回連続当選,1940年米内(よない)光政内閣の内務政務次官,のち翼賛政治会顧問となる。
→関連項目鶴見和子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴見祐輔 つるみ-ゆうすけ

1885-1973 大正-昭和時代の政治家,著述家。
明治18年1月3日生まれ。後藤新平の娘婿。鶴見和子・俊輔の父。鉄道省の官僚をへて,昭和3年衆議院議員(当選4回)。民政党などに所属。戦後は日本進歩党初代幹事長。のち改進党,自民党にうつる。28年参議院議員,第1次鳩山内閣の厚相。昭和48年11月1日死去。88歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「母」「子」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つるみゆうすけ【鶴見祐輔】

1885‐1973(明治18‐昭和48)
昭和期の政治家,著述家。岡山県出身。東京帝国大学法科大学卒業。内閣拓殖局に入り,1924年鉄道省運輸局総務課長を退官後,ヨーロッパアメリカオーストラリアインド各国の大学等で遊説し民間外交の推進に尽力した。28年に代議士となり以後4回当選,米内光政内閣の内務政務次官となり,大政翼賛政治会,大日本政治会などの顧問を務めた。第2次世界大戦後は日本進歩党の幹事長となり,公職追放解除後,53年参議院議員を1期務め,第1次鳩山一郎内閣の厚相となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴見祐輔の関連キーワード新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画明治日本の産業革命遺産有珠山Edward the Confessorウィルソン大逆事件南極

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶴見祐輔の関連情報