コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴見祐輔 つるみゆうすけ

百科事典マイペディアの解説

鶴見祐輔【つるみゆうすけ】

政治家,著述家。岡山県出身。1910年東京帝大法科大学卒。初め官界に身を置いた。1928年衆議院議員となり,以後3回連続当選,1940年米内(よない)光政内閣の内務政務次官,のち翼賛政治会顧問となる。
→関連項目鶴見和子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴見祐輔 つるみ-ゆうすけ

1885-1973 大正-昭和時代の政治家,著述家。
明治18年1月3日生まれ。後藤新平娘婿。鶴見和子・俊輔の父。鉄道省の官僚をへて,昭和3年衆議院議員(当選4回)。民政党などに所属。戦後は日本進歩党初代幹事長。のち改進党,自民党にうつる。28年参議院議員,第1次鳩山内閣の厚相。昭和48年11月1日死去。88歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「母」「子」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つるみゆうすけ【鶴見祐輔】

1885‐1973(明治18‐昭和48)
昭和期の政治家,著述家。岡山県出身。東京帝国大学法科大学卒業。内閣拓殖局に入り,1924年鉄道省運輸局総務課長を退官後,ヨーロッパ,アメリカ,オーストラリア,インド各国の大学等で遊説し民間外交の推進に尽力した。28年に代議士となり以後4回当選,米内光政内閣の内務政務次官となり,大政翼賛政治会,大日本政治会などの顧問を務めた。第2次世界大戦後は日本進歩党の幹事長となり,公職追放解除後,53年参議院議員を1期務め,第1次鳩山一郎内閣の厚相となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴見祐輔の関連キーワード加藤 シヅエ昭和時代鶴見俊輔雄弁演説

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶴見祐輔の関連情報