コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民間外交 みんかんがいこう

4件 の用語解説(民間外交の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民間外交
みんかんがいこう

政府間の公式の外交に対して,民間レベル行われる外交。領域は学問,芸術,スポーツから,経済,政治にまでわたる。たとえば日米財界人の交流にみられるように,公式の外交関係を補完する場合もあるが,公的機関とはまったく別のレベルで民間人や諸団体が,文化,経済,政治関係の交流を行う場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みんかん‐がいこう〔‐グワイカウ〕【民間外交】

政府関係者によらず、民間人によって行われる外交。芸術・学術・スポーツなどによる親善外交などが中心となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みんかんがいこう【民間外交】

政府の公式レベル以外で行われる外交。通常の外交の形態は政府間レベルで,たとえば二国間の外務当局者の間で行われる。このような外交の態様に,20世紀に入って,とくに第1次大戦を契機に変化が生じ,民間外交が多くなった。この傾向はとくに第2次大戦後著しい。このような傾向を生んだ要因としては,(1)国民が国際問題に対する関心を増大させ,自分たちの考えを反映させようとする意欲が増大したこと,(2)国家間に発生する問題が多様化し,これらに対応するためには政府の公的機構内部の人間や資源だけでは十分ではないことがしだいにはっきりしてきたこと,(3)交通・通信手段面での技術革新が進み,民間レベルでの国家間の活発な交流を可能にする条件が生まれてきたこと,などがあげられよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みんかんがいこう【民間外交】

政府関係者によらず、民間人により行われる外交。学術・スポーツなどによる親善外交が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民間外交の関連キーワード秘密外交高級事務レベルシャトル外交高レベル低レベルレベル3レベル7γ線照射フレッシュの公式騒音レベル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

民間外交の関連情報