鹿島立ち(読み)カシマダチ

大辞林 第三版の解説

かしまだち【鹿島立ち】

( 名 ) スル
旅に出ること。出立。門出。 「道遠ければ、祭の前日にいで立たむとす。-の前の夕には、喜ばしさの余に/即興詩人 鷗外」 〔鹿島の神が葦原中つ国を平定した故事による、など諸説がある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿島立ち
かしまだち

旅行に出発すること。旅立ち、門出。奈良時代、東国から筑紫(つくし)、壱岐(いき)、対馬(つしま)などの要路の守備に赴いた防人(さきもり)が、任地へ出発する前に鹿島神宮の前立ちの神たる阿須波神(あすはのかみ)に道中の無事を祈願したことに始まり、のち武士にもこの習慣が伝えられたという。これは『世事談』(菊岡沾涼(せんりょう)、1734)の説であるが、『和訓栞(わくんのしおり)』(谷川士清(ことすが))は、鹿島、香取(かとり)の神たる武甕槌(たけみかづち)、経津主(ふつぬし)の2神が天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の降臨に先だって、葦原中津国(あしわらのなかつくに)を平定したことに基づくとする。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿島立ちの関連情報