鹿島立ち(読み)かしまだち

日本大百科全書(ニッポニカ)「鹿島立ち」の解説

鹿島立ち
かしまだち

旅行に出発すること。旅立ち門出。奈良時代、東国から筑紫(つくし)、壱岐(いき)、対馬(つしま)などの要路の守備に赴いた防人(さきもり)が、任地へ出発する前に鹿島神宮の前立ちの神たる阿須波神(あすはのかみ)に道中の無事を祈願したことに始まり、のち武士にもこの習慣が伝えられたという。これは『世事談』(菊岡沾涼(せんりょう)、1734)の説であるが、『和訓栞(わくんのしおり)』(谷川士清(ことすが))は、鹿島、香取(かとり)の神たる武甕槌(たけみかづち)、経津主(ふつぬし)の2神が天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の降臨に先だって、葦原中津国(あしわらのなかつくに)を平定したことに基づくとする。

[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「鹿島立ち」の解説

かしま‐だち【鹿島立ち】

[名](スル)鹿島香取かとりの二神が国土を平定した故事からとも、また、防人さきもり・武士が旅立つ際に道中の無事を鹿島神宮に祈願したところからともいう》旅行に出発すること。旅立ち。門出。
[類語]出発スタート門出旅立ち出動出立朝立ち早立ち夜立ち早発遅発先発後発

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android