無事(読み)ぶじ

精選版 日本国語大辞典「無事」の解説

ぶ‐じ【無事】

〘名〙 (形動)
① とりたてて事のないこと。平穏であること。平和であること。また、そのさま。有事に対していう。
※懐風藻(751)侍宴〈藤原総前〉「無為自無事、垂拱勿労塵」
※太平記(14C後)一二「今逆徒不測滅て天下無事に属すと雖」 〔戦国策‐燕策・文公〕
無病で、健康なこと。また、そのさま。
※上杉家文書‐元亀四年(1573)四月二五日・河上富信書状「二才之御曹子様人質に信長へ有御渡、御無事之由」
③ 作為をもって行なわず自然のままであること。また、そのような境地やさま。
※太平記(14C後)一「只道士の術を学んで、無為(ぶゐ)を業とし、無事を事とす」 〔老子‐六三〕
④ 過失や事故がないこと。無難であること。また、そのさま。
※三河物語(1626頃)二「一人成供、何かと申者もはば、又、其に付て、一見する者も御座候はば、此御ブヂ罷成難し」
⑤ するべき事がないこと。暇なさま。
※東路記(1685)美濃関が原より越前の敦駕へ行道「は何事をも調がたし。故に夏は鬧はしくして、冬は無事也」

む‐じ【無事】

〘名〙 (形動) =ぶじ(無事)
捷解新語(1676)一〇「御くにもとわみなみな、御むしのよしに御さ候や」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無事」の解説

ぶ‐じ【無事】

[名・形動]
普段と変わりないこと。また、そのさま。「日々を無事に送る」「平穏無事
過失や事故のないこと。また、そのさま。「航海の無事を祈る」「無事に任務をたす」「手術が無事終了する」
健康で元気なこと。つつがないこと。また、そのさま。「無事を知らせる便り」「父母の無事な顔を見て喜ぶ」
なすべき事がないこと。ひまな状態。
「われ—に苦みて、外に出でて遊ばんことを請い」〈鴎外訳・即興詩人
何もしないこと。
「只道士の術を学んで、無為を業とし、—を事とす」〈太平記・一〉
[類語](1)(2平安平穏安穏あんのん安全安泰安楽・事無く・つつが無く無難に穏やか大丈夫平らか温和安寧あんねい小康事無しセーフティー安心確実無難無害無毒/(3ぴんしゃんぴんぴんしゃんとしゃんしゃんしゃきっとしゃっきり不死身強靭タフ生き生き意気軒昂けんこう老健健やか強い元気健康丈夫無病息災健勝清勝壮健健全達者まめつつがない息災強壮強健頑健矍鑠かくしゃく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android