コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦踏み ムギフミ

デジタル大辞泉の解説

むぎ‐ふみ【麦踏み】

早春にの芽を足で踏みつける作業。霜柱を防いで根張りをよくし、また、麦が伸びすぎないようにするために行う。 春》「歩み来し人―をはじめけり/素十

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

麦踏み【むぎふみ】

麦の幼い茎葉を上から踏みつける作業。晩秋〜冬に行われる。回数は気候,土質,品種,播種期,播種量および施肥量によって異なるが,ふつう本葉が3〜4枚になったころを第1回目として幼植物時代に3回ぐらい行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むぎふみ【麦踏み】

秋まきのムギ類を栽培する場合に行う特殊な管理作業。まだ,伸長生長を始めていない匍匐(ほふく)状態(ロゼット状態)のときに植物体の上から,両足やローラーなどで,3~4回,鎮圧(踏圧)する。関東地方に例をとると,12月から翌年2月10日前後(このころ,伸長生長を開始する)にわたって行う。植物体は折り曲げられ,傷つけられ,地面は圧せられる。その後作用として,植物体の葉色は濃くなり,乾生形態(乾生植物の項を参照)をとるに至り,根は長くなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むぎふみ【麦踏み】

春先に麦の芽を足で踏むこと。霜柱によって浮き上がった土を押さえ、麦の不必要な生長を抑制し根張りをよくするために行う。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麦踏み
むぎふみ

秋播(ま)きのコムギ、オオムギなどを冬季に一または数回踏みつける作業。踏圧(とうあつ)ともいう。霜柱で持ち上がった株もとや周りの土を踏み固め、凍霜害を防ぐ効果のほかに、ムギの芽を踏圧することにより徒長を防ぎ、耐寒性を増す効果があるとされる。土質の軽い火山灰地などでは必要な作業であるが、現在では省力のためにほとんど行われない。しかしトラクターでローラーを牽引(けんいん)するなどの方法で効果をあげているところもある。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

麦踏みの関連キーワードカルチベータ麦を踏む労作歌凍霜害春先

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麦踏みの関連情報