麦踏み(読み)むぎふみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「麦踏み」の解説

麦踏み
むぎふみ

秋播(ま)きのコムギ、オオムギなどを冬に一または数回踏みつける作業。踏圧(とうあつ)ともいう。霜柱で持ち上がった株もとや周りの土を踏み固め、凍霜害を防ぐ効果のほかに、ムギの芽を踏圧することにより徒長を防ぎ、耐寒性を増す効果があるとされる。土質の軽い火山灰地などでは必要な作業であるが、現在では省力のためにほとんど行われない。しかしトラクターでローラーを牽引(けんいん)するなどの方法で効果をあげているところもある。

[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「麦踏み」の解説

麦踏み【むぎふみ】

の幼い茎葉を上から踏みつける作業。晩秋〜冬季に行われる。回数は気候,土質,品種,播種期,播種量および施肥量によって異なるが,ふつう本葉が3〜4枚になったころを第1回目として幼植物時代に3回ぐらい行う。霜柱による凍上,風による土の移動防止,土壌水分・肥料吸収の有効利用,茎葉の徒長防止,耐寒性・耐干性の強化,分げつ促進等の効果がある。現在はタイヤローラーを用いて行うことが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「麦踏み」の解説

むぎ‐ふみ【麦踏み】

早春に麦の芽を足で踏みつける作業。霜柱を防いで根張りをよくし、また、麦が伸びすぎないようにするために行う。 春》「歩み来し人―をはじめけり/素十

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「麦踏み」の解説

むぎふみ【麦踏み】

秋まきのムギ類を栽培する場合に行う特殊な管理作業。まだ,伸長生長を始めていない匍匐(ほふく)状態(ロゼット状態)のときに植物体の上から,両足やローラーなどで,3~4回,鎮圧(踏圧)する。関東地方に例をとると,12月から翌年2月10日前後(このころ,伸長生長を開始する)にわたって行う。植物体は折り曲げられ,傷つけられ,地面は圧せられる。その後作用として,植物体の葉色は濃くなり,乾生形態(乾生植物のを参照)をとるに至り,根は長くなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android