コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄リン おうリンyellow phosphorus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄リン
おうリン
yellow phosphorus

リンの同素体の1つ。無色または黄色の透明な固体。正式には白リン white phosphorus と呼ぶ。融点 44.1℃,沸点 280℃,比重 1.82。揮発性で,真空中では常温でも光に当ると昇華する。暗所で空気に触れるといわゆるリン光を発する。水,アルコールには難溶,二硫化炭素に易溶。湿った空気中では約 30℃で発火するが,乾いた空気中での発火温度はこれより高い。蒸気およびリン自体は有。致死量 50mg。硝酸で処理すると正リン酸になり,水酸化アルカリと反応してホスフィンと次亜リン酸ナトリウムを生じる。猛毒なので皮膚への接触は避ける。水中に保存することが必要である。殺鼠剤,発煙剤,リン化合物の製造などに使われる。 (→リン )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

黄リンの関連キーワードハリー・J. エメリウス毒物及び劇物取締法ワールブルク検圧計化学ルミネセンスリン(燐)中毒産業歯科衛生赤リン(燐)リン(元素)中毒性肝障害黄燐マッチ肝萎縮症燐化水素自然発火猫いらずリン中毒危険物焼夷弾オゾン発煙筒職業病

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android