黄リン(読み)おうリン(英語表記)yellow phosphorus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄リン
おうリン
yellow phosphorus

リンの同素体の1つ。無色または黄色の透明な固体。正式には白リン white phosphorus と呼ぶ。融点 44.1℃,沸点 280℃,比重 1.82。揮発性で,真空中では常温でも光に当ると昇華する。暗所で空気に触れるといわゆるリン光を発する。水,アルコールには難溶,二硫化炭素に易溶。湿った空気中では約 30℃で発火するが,乾いた空気中での発火温度はこれより高い。蒸気およびリン自体は有。致死量 50mg。硝酸で処理すると正リン酸になり,水酸化アルカリと反応してホスフィンと次亜リン酸ナトリウムを生じる。猛毒なので皮膚への接触は避ける。水中に保存することが必要である。殺鼠剤,発剤,リン化合物の製造などに使われる。 (→リン )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android