コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中心性網膜炎 ちゅうしんせいもうまくえん central serous retinochoroidopathy

3件 の用語解説(中心性網膜炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中心性網膜炎
ちゅうしんせいもうまくえん
central serous retinochoroidopathy

中心性脈絡網膜症ともいう。中心性漿液性脈絡網膜症と中心性滲出性脈絡網膜症の2型があり,普通は前者をいう。網膜黄斑に円形の浮腫状腫脹を生じる疾患で,40歳代の男子に多発する。自覚的には,片眼で見ようとすると中心部がぼやける (視力低下) ,暗く見える (中心比較暗点) ,小さく見える (小視症) などを訴える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうしんせいもうまくえん【中心性網膜炎 central serous retinopathy】

日本ではポピュラーな眼の疾患で,女子の3~5倍の頻度で40歳前後の男子の片眼に好発する。比較的急速(1~2日)に軽い視力低下が起こり,中心が暗い(中心暗点central scotoma),小さく見える(小視症micropsia),ゆがんで見える(変視症metamorphopsia)などの症状を訴える。眼底中心部に円形の浮腫が生じ,そこに漿液がたまって網膜が浮き上がるために起こる。蛍光眼底造影検査を行うと,脈絡膜側から浮腫部分の網膜の下へ蛍光色素の漏出が1~数ヵ所みられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中心性網膜炎
ちゅうしんせいもうまくえん

中心性網脈絡膜炎、中心性脈絡網膜炎ともいうが、正式の病名は中心性漿液(しょうえき)性脈絡網膜症である。網膜の中心部である黄斑(おうはん)に病気がおこるもので、その本態は黄斑にみられる浮腫(ふしゅ)(むくみ)である。具体的には、網膜の下に脈絡膜から出てきた水分がたまることである。普段は網膜と脈絡膜との間にある色素上皮が水分の漏れを防いでいるが、ここに異常がおこると、浮腫の原因になる水分の漏れが始まる。
 この病気は日本に多く、30~40歳代の働き盛りの男性に多くみられる。片方の視野中心部が暗く見える(中心暗点)、物がゆがんで見える(変視症)、物が小さく見える(小視症)などの症状が出てくる。過労や睡眠不足のあとなどに発病することが多く、ストレスが誘因となって発病すると考えられている。普通は6か月から1年で自然治癒するが、働き盛りの人が6か月以上も不自由な思いをするのは困るので、レーザー光凝固が行われることもある。この場合には、浮腫の原因となる色素上皮の異常部位を蛍光眼底造影法という検査で確かめ、黄斑の中心部を完全に避けて治療する必要がある。[松井瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中心性網膜炎の関連キーワードポピュラー音楽ポピュラーポピュラーソングポピュラーミュージックポピュラーサイエンスポピュラーペーパーポピュラリティーザ・ポピュラー・デューク・エリントンポピュラーサイエンス日本版循環器疾患

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone