黄耆建中湯(読み)おうぎけんちゅうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうぎけんちゅうとう【黄耆建中湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)黄耆膠飴(こうい)生姜(しょうきょう)芍薬(しゃくやく)桂枝(けいし)または桂皮(けいひ)大棗(たいそう)甘草(かんぞう)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。虚弱体質の改善、食欲不振、夜尿症寝汗頭痛湿疹(しっしん)、病後の体力回復などに用いる。体力がなく、疲れやすい人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android