コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄耆建中湯 おうぎけんちゅうとう

1件 の用語解説(黄耆建中湯の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうぎけんちゅうとう【黄耆建中湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)黄耆膠飴(こうい)生姜(しょうきょう)芍薬(しゃくやく)桂枝(けいし)または桂皮(けいひ)大棗(たいそう)甘草(かんぞう)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。虚弱体質の改善、食欲不振、夜尿症寝汗頭痛湿疹(しっしん)、病後の体力回復などに用いる。体力がなく、疲れやすい人がおもな対象。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄耆建中湯の関連キーワード漢方薬生薬和漢薬薬酒草薬方薬和薬黄耆上薬処方薬

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone