黒檜(読み)くろべ

精選版 日本国語大辞典「黒檜」の解説

くろ‐べ【黒檜】

〘名〙 ヒノキ科の常緑高木。本州四国深山に生え、庭木にもする。幹は高さ一〇~三〇メートル、径四〇~七〇センチメートルになる。樹皮赤褐色を帯び、枝はアスナロに似た緑色の鱗片状の葉でおおわれる。五月ごろ、枝端に藍色の花を単生し、果実は球果(松かさ)で長さ約一センチメートルの楕円形をし、六~八片の種鱗からなる。材は柔らかく工作しやすいので建築・器具用とする。ねずこ。くろび。くろべすぎ。ごろうひば。
※合巻・正本製(1815‐31)初「はしらは栂の四方柾、たたみはりうびん、黒部(クロベ)の天井」

くろ‐び【黒檜】

〘名〙 植物くろべ(黒檜)」の異名

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「黒檜」の解説

くろ‐べ【黒×檜】

ヒノキ科の常緑高木。日本特産で、本州・四国の深山に自生。樹皮は赤褐色でつやがある。葉はうろこ状。5月ごろ、藍色の雄花雌花とをつけ、球果は黄褐色に熟す。材は建築・器具用。ねずこ。ごろうひば。くろべすぎ。くろび。

くろ‐び【黒×檜】

ヒノキ科の常緑高木クロベ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「黒檜」の解説

黒檜 (クロベ・クロビ)

学名Thuja standishii
植物。ヒノキ科の常緑針葉高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android