黒駒勝蔵(読み)クロコマノカツゾウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒駒勝蔵 くろこまの-かつぞう

1832-1871 幕末-明治時代の侠客(きょうかく)。
天保(てんぽう)3年生まれ。生家は甲斐(かい)(山梨県)上黒駒村の名主。安政3年博徒となる。甲斐を代表する親分となったが,清水次郎長との縄張り争いにやぶれる。慶応4年赤報隊に池田勝馬の変名で参加。のち甲斐にもどったが,旧悪が露見し,明治4年10月14日刑死。40歳。姓は小池。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

黒駒勝蔵

没年:明治4.10.14(1871.11.26)
生年:天保2(1831)
幕末維新期の侠客。本名小池勝蔵。甲斐国(山梨県)黒駒村の名主の次男。25歳のとき博徒仲間に投じて竹居吃安の子分になる。甲斐は吃安と祐典仙之助の抗争の舞台で,吃安刑死後に跡目を継いだ。祐典勢との角逐によって東海道筋に出たところで清水次郎長と激突。以後,幕末博徒抗争史はともに機動力に富んだ黒駒と清水の抗争を軸に展開する。比喩的に山賊黒駒対海賊次郎長の争いということだが,三河の平井村の役(1864年)などで黒駒側が劣勢に立つのは,東海道と信濃路の物流(経済)の差である。100人ほどの集団で他領を通過して摩擦する黒駒に対し,海路フリーパスの次郎長は千石船で子分と物資を送りこんだ。慶応2(1866)年の荒神山の喧嘩に客分参加したのち,相楽総三の赤報隊に投じ,池田数馬と名乗って会津征討に参戦。明治4(1871)年,政府は脱隊と官名詐称の罪をきせて斬首(赤報隊始末),維新の内戦に参画した博徒たちを使い捨てた。<参考文献>子母沢寛『仁侠の世界』

(平岡正明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くろこまのかつぞう【黒駒勝蔵】

1832~1871) 江戸末期の俠客。甲州黒駒の人。博徒として勢力を伸ばし清水次郎長としばしば抗争。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒駒勝蔵の関連情報