コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒駒勝蔵 クロコマノカツゾウ

4件 の用語解説(黒駒勝蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くろこま‐の‐かつぞう〔‐かつザウ〕【黒駒勝蔵】

[1832~1871]江戸末期の侠客(きょうかく)。甲斐(かい)国黒駒(山梨県笛吹(ふえふき)市)の人。駿河の清水次郎長と抗争を繰り返した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒駒勝蔵 くろこまの-かつぞう

1832-1871 幕末-明治時代の侠客(きょうかく)。
天保(てんぽう)3年生まれ。生家は甲斐(かい)(山梨県)上黒駒村の名主。安政3年博徒となる。甲斐を代表する親分となったが,清水次郎長との縄張り争いにやぶれる。慶応4年赤報隊に池田勝馬の変名で参加。のち甲斐にもどったが,旧悪が露見し,明治4年10月14日刑死。40歳。姓は小池。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黒駒勝蔵

没年:明治4.10.14(1871.11.26)
生年:天保2(1831)
幕末維新期の侠客。本名小池勝蔵。甲斐国(山梨県)黒駒村の名主の次男。25歳のとき博徒仲間に投じて竹居吃安の子分になる。甲斐は吃安と祐典仙之助の抗争の舞台で,吃安刑死後に跡目を継いだ。祐典勢との角逐によって東海道筋に出たところで清水次郎長と激突。以後,幕末博徒抗争史はともに機動力に富んだ黒駒と清水の抗争を軸に展開する。比喩的に山賊黒駒対海賊次郎長の争いということだが,三河の平井村の役(1864年)などで黒駒側が劣勢に立つのは,東海道と信濃路の物流(経済)の差である。100人ほどの集団で他領を通過して摩擦する黒駒に対し,海路フリーパスの次郎長は千石船で子分と物資を送りこんだ。慶応2(1866)年の荒神山の喧嘩に客分参加したのち,相楽総三の赤報隊に投じ,池田数馬と名乗って会津征討に参戦。明治4(1871)年,政府は脱隊と官名詐称の罪をきせて斬首(赤報隊始末),維新の内戦に参画した博徒たちを使い捨てた。<参考文献>子母沢寛『仁侠の世界』

(平岡正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くろこまのかつぞう【黒駒勝蔵】

1832~1871) 江戸末期の俠客。甲州黒駒の人。博徒として勢力を伸ばし清水次郎長としばしば抗争。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒駒勝蔵の関連キーワード西郷斬首剣/人間の剣 幕末維新編4新撰組残夢剣/人間の剣 幕末維新編3血煙り新選組/人間の剣 幕末維新編1無銘剣対狂剣/人間の剣 幕末維新編2NHK大河ドラマ大場久八鐘弥左衛門半鐘八右衛門宮地正人《甲斐国志》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒駒勝蔵の関連情報