鼠捕り(読み)ねずみとり

大辞林 第三版の解説

ねずみとり【鼠捕り】

鼠をとること。また、鼠を捕らえる器具。
鼠を殺すのに用いる薬。近世、石見銀山を用いてつくられた。石見銀山鼠取り。
〔ネズミを食うことから〕 アオダイショウの異名。
警察の交通速度違反取り締まりを俗にいう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねずみとり【鼠捕り】

ネズミをとること,またその道具。稲作地帯では古くから穀物倉庫に〈ネズミ返し〉を仕掛け,日本の弥生時代の高床倉庫にも同様のものが見られるが,これは現在にも通用する防鼠(ぼうそ)構造である。猫いらずと呼ばれる殺鼠剤も永く使用されていた。西洋でも,ドイツの〈ハーメルンの笛吹き男〉の伝説(13世紀)にみられるように,ネズミの害に悩まされていたことが知られる。日本でネズミ駆除が規定されたのは伝染病予防法(第1次改正,1905)からで,明治から大正にかけてのペスト流行の際には,1頭5銭相当でネズミの買上げが行われ,懸賞金がついていたこともあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android