コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍ヶ岳 りゅうがたけ

2件 の用語解説(龍ヶ岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

龍ヶ岳
りゅうがたけ

熊本県南西部,天草諸島上島南東岸にある地区。旧町名。樋島 (ひのしま) ,竹島などを含む。 1954年高戸 (たかど) ,樋島,大道 (おおどう) の3村が合体して龍ヶ岳村となり,1959年町制。 2004年3月大矢野,松島,姫戸の3町と合併,上天草市となる。山地が海に迫り耕地は少ない。主産業は沿岸漁業で,機帆船の根拠地。国指定名勝の龍ヶ岳 (470m) がある。全域が雲仙天草国立公園に属し,風光明媚。海岸部を国道 266号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

龍ヶ岳
りゅうがたけ

熊本県南西部、天草(あまくさ)郡にあった旧町名(龍ヶ岳町(まち))。現在は上天草(かみあまくさ)市の南端部を占める地域。1954年(昭和29)高戸(たかど)、樋島(ひのしま)、大道(おおどう)の3村が合併、龍ヶ岳村となり、1959年町制施行。2004年(平成16)大矢野(おおやの)、松島、姫戸(ひめど)の3町と合併、市制施行して上天草市となる。旧龍ヶ岳町は、天草上(かみ)島の南東端に位置し、名を国指定名勝の龍ヶ岳(470メートル)にちなんだ区域は、集落の大半が海岸部に立地し、漁業ならびに海運業を主業としている。樋島大橋の架設によって旧3か村の一体化は増したが、国道266号以外に幹道がなく、交通手段としての船舶への依存はなお高い。加工魚としてのチリメンジャコが水産物の中心であったが、タイ、ハマチ養殖の普及とともに活魚出荷も増大する傾向にある。観海アルプスの主峰の一つをなす龍ヶ岳は観光の拠点で、権現(ごんげん)山山麓(ろく)の鍾乳洞(しょうにゅうどう)、白砂青松の高戸海水浴場とともに雲仙(うんぜん)天草国立公園の一部を担っている。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

龍ヶ岳の関連情報