コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上天草市 かみあまくさ

2件 の用語解説(上天草市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上天草〔市〕
かみあまくさ

熊本県南西部,天草灘八代海の間に浮かぶ天草諸島北東部に位置する市。上島東部,大矢野島維和島湯島をはじめとする大小の島々からなる。 2004年3月大矢野町,松島町,姫戸町,龍ヶ岳町の4町が合併して発足。市役所大矢野。全体的に平地が少なく山林が 60%以上を占める。大矢野島をはじめとする丘陵地では花卉やミカンポンカンの栽培,酪農が行なわれる。沿岸漁業,養殖も盛んで,クルマエビワタリガニは特産物。市のほぼ全域が雲仙天草国立公園に属し,景勝地に恵まれている。大矢野島は三角大矢野海辺県立自然公園に含まれる。 1966年に九州本土と連絡する天草五橋が完成したのをうけて,観光地として発展。面積 126.91km2。人口 2万7006(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上天草市の関連情報