コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ABS洗剤 エービーエスせんざい

百科事典マイペディアの解説

ABS洗剤【エービーエスせんざい】

合成洗剤の一つ。アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(略称ABS)が主成分プロピレン4量体とベンゼンから得られるドデシルベンゼンをスルホン化して製造。硬水や酸に対しても安定で,界面活性能力・洗浄力が大きいため1960年代から合成洗剤の主流になった。
→関連項目陰イオン界面活性剤LAS洗剤スルホン酸中性洗剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エービーエスせんざい【ABS洗剤】

アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムsodium alkylbenzene sulfonate(略称ABS)を主成分とする合成洗剤。代表的なアニオン型界面活性剤。図に示す化学構造をもつ化合物の総称であり,ベンゼン核に結合するアルキル基Rが直鎖状のものと分枝状のものがある。界面活性剤としては炭素数8~12程度のものが多用される。1960年代,日本の石油化学工業の勃興期の代表的石油化学製品として,プロピレンをリン酸等の酸触媒で低重合させて得られるドデセンCH2=CH(CH2)9CH3とベンゼンからドデシルベンゼンを合成し,これをスルホン化して,ドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウムが大量に生産された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ABS洗剤
えーびーえすせんざい
ABSdetergents

アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムを主成分とする家庭用合成洗剤であり、肌着やワイシャツなどの汚れを洗浄するのに用いられた。第二次世界大戦後に急速に普及し、ある時期まではABS洗剤が合成洗剤の主流であった。しかしこれはハード洗剤であり、自然環境微生物により分解されにくいために、河川の泡立ちや、その水質の悪化などの公害問題がおこった。このため現在では、日本をはじめ先進諸国では、分解されやすいソフト洗剤であるLAS(ラス)洗剤に置き換えられている。[早野茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のABS洗剤の言及

【スルホン酸】より

…長鎖アルキル基を置換基にもつアルキルベンゼンスルホン酸(ABS)のナトリウム塩は界面活性剤や合成洗剤として用いられる。これらABS洗剤は中性の塩であるため,セッケンと違って硬水中でも使用できる。【小林 啓二】。…

※「ABS洗剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone