コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BtoC/B2C ビーツーシーBtoC/B2C

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ツー‐シー【BtoC/B2C】[business to consumer/business to customer]

business to consumerbusiness to customer》企業と消費者の間で行われる電子商取引。→BtoBBtoEBtoGCtoC

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ビーツーシー【B to C】

インターネットなどのコンピューターネットワークを通じて行われる電子商取引の形態のひとつ。企業と一般消費者の間で行われる商取引を指す。インターネット上で商品やサービスを販売するオンラインショップなどがある。◇「business to consumer」から。「B2C」とも書く。また、「ビートゥーシー」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

BtoC/B2Cの関連キーワードコロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメントデミル(Agnes De Mille)BtoB、BtoC、BtoE、CtoCBアイヌ語/おもな語彙と実用例リチャード・J. ピアソンB to B/B to Cテレフォン・エージェンシーオフィスオートメーションB to B to CBtoB/BtoCインターネット用語グローバルアドレスプライバシーの権利赤翅長柄隠翅虫BtoBtoCeラーニングB to Ce黒星翅斑蠅

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android