コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BtoC/B2C ビーツーシーBtoC/B2C

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ツー‐シー【BtoC/B2C】[business to consumer/business to customer]

business to consumerbusiness to customer》企業と消費者の間で行われる電子商取引。→BtoBBtoEBtoGCtoC

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ビーツーシー【B to C】

インターネットなどのコンピューターネットワークを通じて行われる電子商取引の形態のひとつ。企業と一般消費者の間で行われる商取引を指す。インターネット上で商品やサービスを販売するオンラインショップなどがある。◇「business to consumer」から。「B2C」とも書く。また、「ビートゥーシー」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

BtoC/B2Cの関連キーワードコロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメントデミル(Agnes De Mille)BtoB、BtoC、BtoE、CtoCBB to B/B to Cリチャード・J. ピアソンテレフォン・エージェンシーB to B to Cインターネット用語グローバルアドレスBtoB/BtoCBLTサンドイッチAdobe CS2バイオマスCCSMacHTTPBtoBtoCauto bi赤翅長柄隠翅虫eB to C

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android