コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CTD シーティーディーconductivity-temperature-depth meter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

CTD
シーティーディー
conductivity-temperature-depth meter

海洋内部の電気伝導度・水温・圧力を同時に測定する機器。船上からセンサを水中に下ろし,信号はケーブルを通して船上のコンピュータに入力される。電気伝導度は水温・塩分・圧力の関数で,各深度の圧力と水温を知って塩分を推算する。深さ方向に連続的に測定できること,測定精度が良いことから,最近の水温・塩分観測の主力となっている。溶存酸素量のセンサも取り付けられることが多くなったが,前者に比べて精度は悪い。測定値の検定の目的で,採水器 (ロゼットサンプラー) を連結して取り付け,任意の深さで採水する。1万mの深海まで使えるものもある。センサと一緒にデータ収録器も水中に下ろす内蔵式のものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シーティーディー【CTD】

conductivity‐temperature‐depth recorderの略。観測船から芯線入りのワイヤで下ろし,海水の電気伝導度(C)と温度(T)を深度(D)の関数として連続的に現場測定する海洋測器をいう。水中局に受感部とデータ送信部を内蔵し,ワイヤを通じて船上局にデータを送り,電源供給を受ける。電気伝導度は塩分,温度,水圧の関数なので,CTDの測定値から演算によって海水の塩分,温度,密度が決められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

CTDの関連情報