コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CTD シーティーディー conductivity-temperature-depth meter

2件 の用語解説(CTDの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

CTD
シーティーディー
conductivity-temperature-depth meter

海洋内部の電気伝導度・水温・圧力を同時に測定する機器。船上からセンサを水中に下ろし,信号はケーブルを通して船上のコンピュータに入力される。電気伝導度は水温・塩分・圧力の関数で,各深度の圧力と水温を知って塩分を推算する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シーティーディー【CTD】

conductivity‐temperature‐depth recorderの略。観測船から芯線入りのワイヤで下ろし,海水の電気伝導度(C)と温度(T)を深度(D)の関数として連続的に現場測定する海洋測器をいう。水中局に受感部とデータ送信部を内蔵し,ワイヤを通じて船上局にデータを送り,電源供給を受ける。電気伝導度は塩分,温度,水圧の関数なので,CTDの測定値から演算によって海水の塩分,温度,密度が決められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

CTDの関連キーワード蒸留水電気伝導テンペラconductivity-temperature-depth recorderconductivity waterelectric conductivitythermal conductivity

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CTDの関連情報