コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HST HST/えっちえすてぃーHubble Space Telescope

知恵蔵の解説

HST

ハッブル宇宙望遠鏡」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

エッチ‐エス‐ティー【HST】[hypersonic transport]

hypersonic transport》極超音速旅客機。音速の5~6倍、時速7000キロ程度のスピードで成層圏の上を飛ぶもので、NASA(米国航空宇宙局)などで開発の検討を始めている。

エッチ‐エス‐ティー【HST】[Hubble Space Telescope]

Hubble Space Telescope》⇒ハッブル宇宙望遠鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エッチエスティー【HST】

hiper‐sonic transport(極超音速輸送機)の略で,SST(超音速輸送機)よりもはるかに高速の輸送用の航空機。このような航空機は構想としては1930年代からあったが,60年代にSSTの開発が始まるとともに,次の輸送機として研究が進められるようになった。M5(マッハ5,音速の5倍)からM10以上のものまで考えられているが,M6程度の速度が良いとの意見が多い。このような高速だと経済的な巡航高度は約3万mとSSTの約2倍で,ソニックブームが小さくなるためSSTでは制限されている陸上の超音速飛行も可能性がでてくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

HST
えいちえすてぃー

High Speed Trainの略称。イギリス国鉄(1994~1997年、分割・民営化された)が特急列車用として1976年から営業運転している流線形のディーゼル動力固定編成列車。動力集中式で両端の車両が動力車になっていて、中間に8両程度の付随車を連結し、非電化区間を中心に主要都市間連絡サービスを行っている。HSTを使った特急は、時速125マイル(約200キロメートル)の高速を発揮するので、インターシティ125とよばれる。出力2000馬力のディーゼル機関で発電し電気駆動する。オーストラリアでもこの列車が採用されている。[西尾源太郎・佐藤芳彦]
『マレー・ヒューズ著、菅建彦訳『レール300世界の高速列車大競争』(1991・山海堂) ▽佐藤芳彦著『世界の高速鉄道』(1998・グランプリ出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

HSTの関連キーワードハルシュタットサルヤルカトリアー(デンマークの映画監督)High Speed Trainエアー・ブリージング・エンジンカザフ(中央アジアの地名)サムナー レッドストーンドイツ連邦議会議事堂シュプレッヒゲザングダッハシュタイン山塊トライアルストーン国際粗鋼カルテルシュタインタールアンドロメダ銀河宇宙の大規模構造ウィトリンガーオリヴィナイトポール レーベクロット花崗岩ポーフィロイド

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android