コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

K値 けえち,けーち

カメラマン写真用語辞典の解説

K値

 露出計の校正常数のこと。すべての露出計はこのK値を基準にして露出を決めるようになっている。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

K値

 魚の鮮度を示す生化学的な指標の一つ.鮮度が落ちるに従ってATPが減少し,AMPやイノシン酸が生成することを指標とする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケーち【K値 K value】

水産用語。魚の生きのよさを示す生鮮度判定恒数。哺乳類筋肉の場合と同様に,魚類でも死後筋肉中のATP(アデノシン三リン酸)は,関連酵素によって次の経路で分解される。 アデノシン三リン酸(ATP)→アデノシン二リン酸(ADP)→アデノシン一リン酸(AMP)→イノシン一リン酸(IMP)→イノシン(HxR)→ヒポキサンチン(Hx) この分解速度は魚種によって著しく異なるが,経路は一定である。一般にATPからIMPまでの反応は死後の早期の段階に進行し,IMPが蓄積するが,IMPからHxRを経てHxを生成する反応は遅い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

K値の関連キーワード進行性筋ジストロフィー症酸性度指数K値規制自己消化拡散理論地盤係数粉塵計色温度魚肉

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android