コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官能検査 かんのうけんさsensory evaluation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官能検査
かんのうけんさ
sensory evaluation

心理学用語。人間を計器に見立てて,その感覚機能に依拠して行われる食品,香料,工業製品などの諸検査。あるいは人間の計器としての感覚特性を研究するために用いられる諸検査をさす。工業製品の品質設計に適用されるが,物理化学的測定と比べて官能測定には個体差があり,疲労などの影響が出てくるといった難点がある。反面,練習によってその性能が高められるという特性があり,精度や費用の点で物理化学的測定に代りうる場合も少くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんのう‐けんさ〔クワンノウ‐〕【官能検査】

人間の感覚(視覚聴覚触覚味覚嗅覚)によって、製品の品質を判定する検査。人の好みなど、機械では測定できない場合などに用いられる。官能試験

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

官能検査

 官能検査法ともいう.人間の官能によって食品を評価する方法.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんのうけんさ【官能検査 sensory evaluation】

物理的,化学的な方法によらず,人の感覚器官を計測器として行う工業製品,食品などの品質検査。工業製品の品質管理では,物理的計測や化学的な分析が可能な特性について品質の維持,改良を行おうとする。一方,カラーテレビの鮮明さ,塗装外観,スピーカー音質織物肌触り乗用車の乗り心地,清酒や食品の味,化粧品の香りなどの品質特性は視・聴・触・味・嗅覚などの五感によってのみ判断することのできる心理的な品質特性であり,このような分野での品質管理のための検査として官能検査が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんのうけんさ【官能検査】

人間の感覚によって品質の特性を評価する方法。食品や嗜好品などのように、機器を用いた分析では本質的な測定が困難な場合に用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

官能検査
かんのうけんさ
sensory evaluation

人間の感覚(視・聴・触・味・嗅(きゅう))によって、製品の品質を判定し、一定規格に合致するか否かを決めること。物理化学的計測器が発達するにつれて、いままで感覚で査定していた特性も、しだいに機器測定にゆだねられるようになる。それにもかかわらず、現代でも感覚を用いた査定・検査が頻繁に行われているのは、(1)適切な機器がいちおうは開発されているが、時間・費用・手間がかかりすぎるために、人間に依存する場合、(2)適切な機器が未開発なため、感覚による検査に頼らざるをえない場合、の2種ある。前者の代表は色であり、後者は味・においのほか、視覚的デザインを含む。機器測定のほうが好まれる基本的理由は、人間の感覚の個人差が大きすぎること、日間変動・時刻内変動が大きいこと、系列効果・位置効果などによって攪乱(かくらん)されやすいこと、などであるが、これに対して官能検査を弁護するためには、次のような留意が必要である。
 被験者(パネルpanelという)の選抜と訓練により信頼性を高めること、確率化によって嘘(うそ)・偏りを除去するとともに、実験計画法を採用して、各種の心理効果を統計的に除去するよう配慮すること、などである。
 閾値(いきち)や等価値の測定も、官能検査の一部に含まれるが、心理学・生理学において、これらの量を扱う場合には、人間という生物が最上の条件下で達成しうる限度を問題とするのに対し、工業への応用場面においては、各種攪乱要因の参与下で許容しうる限界を求めることが主題となる。[吉田正昭]
『日科技連官能検査委員会編『新版官能検査ガイドブック』(1973・日科技連出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

官能検査の関連キーワードクローズドパネルテストオープンパネルテスト二点識別試験法一対比較法三点試験法可食期間嗜好品きき酒評点法明試料配偶法機器紅茶

官能検査の関連情報