コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PCR法 ぴーしーあーるほう/PCRほう polymerase chain reaction

3件 の用語解説(PCR法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

PCR法

ポリメラーゼ連鎖反応合成酵素連鎖反応ともいう。特定のDNA断片を大量に得る方法。試料中にDNA断片が1分子あれば、原理的には20回の反応の繰り返しで100万個以上(2の20乗)のコピーが得られる。PCR法遺伝子基礎研究の最も重要な手法の1つであると共に、少数の細胞から得た微量のDNA断片を増幅できることから、個人識別親子鑑定、遺伝病の診断、犯罪捜査などでも利用される。また、遺伝子組み換え原料を使用した食品かどうかの判別試験や、作物品種の鑑定などでも用いられる。PCR法を開発した米国のK.B.マリスは、1993年度のノーベル化学賞をM.スミスと共に受賞した。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピーシーアール‐ほう〔‐ハフ〕【PCR法】

polymerase chain reaction》微量のDNAを、その複製に関与する酵素ポリメラーゼを用いて、大量に増やす方法。ポリメラーゼ連鎖反応法。合成酵素連鎖反応法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

PCR法
ぴーしーあーるほう
polymerase chain reaction method

極少量のDNA(デオキシリボ核酸)もしくはRNAリボ核酸)を、酵素反応を利用して倍倍で増加させる方法。アメリカ生化学キャリー・B・マリスが開発した。ポリメラーゼ連鎖反応法ともよばれ、DNA分析を大きく進歩させた。4種類の核酸が連結して二重螺旋(らせん)構造を形成しているDNAは、二重螺旋を保とうとする性質をもつ。PCR法では、分析しようとするDNAの特定の領域の初めと終わりの部分に対応するように合成した2種類のDNA断片と、DNAを構成する4種類の核酸、DNA合成酵素(ポリメラーゼ)を加えて温度を変化させる。まず高温帯で2本鎖のDNAが1本鎖に分離し、それぞれ鋳型となる。次の温度帯で、加えた2種のDNA断片が鋳型に接着する。第3の温度帯ではポリメラーゼの作用により、4種類の核酸が鋳型の暗号に対応して配置・連結して延長し、2本鎖となる。この三つの温度帯をサイクルすることにより、倍倍でDNAが増え、短時間で数十万倍に増加させることができる。
 PCR法の開発により、従来は検出不可能であった微量DNAの分析が可能となり、診断分野はもとより、法医学、イネのゲノム解析など多方面での分析技術が進歩した。応用分野は今後もさらに拡大すると期待される。一方、PCR法の変法や改良法、他の増幅方法の開発も進んでいる。たとえば、日本国内で開発されたLAMP(Loop-mediated Isothermal Amplification)法という遺伝子増幅法は、増幅操作が等温で行えるという、特長をもっている。[飯野和美]
『ポール・ラビノウ著、渡辺政隆訳『PCRの誕生――バイオテクノロジーのエスノグラフィー』(1998・みすず書房) ▽谷口武利編『改訂 PCR実験ノート』第2版(2005・羊土社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PCR法の関連キーワード臨界量連鎖反応合成酵素RNA合成酵素DNA合成酵素ポリメラーゼ未臨界アミノ酸合成酵素ポリメラーゼ連続反応

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

PCR法の関連情報