コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RUTF アールユーティーエフRUTF

デジタル大辞泉の解説

アール‐ユー‐ティー‐エフ【RUTF】[Ready to use therapeutic food]

Ready to use therapeutic food》そのまま食べられる栄養食品。栄養価が高く、調理や容器の必要がなく、長期保存でき、携帯しやすいなどの特長がある。水に溶かす必要がなく、アフリカなど飲用水の確保が困難な地域で栄養失調に苦しむ人々への援助現場で急速に普及し始めている。代表的なRUTFはフランスの企業が開発した「プランピーナッツ」で、国連機関や医療NGOが相次いで導入している。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

RUTF
あーるゆーてぃーえふ

そのまま食べられる栄養治療食品。英語のReady to use therapeutic foodの頭文字をとったことばで、「調理不要の治療食」「そのまま食べられる栄養補助食品」「すぐ口にできる栄養失調治療食」などと訳される。アフリカやアジアなど深刻な食糧難に苦しむ地域で、栄養が欠乏した乳幼児、妊産婦、授乳婦向け援助用食品として急速に普及している。栄養価が高く、調理・調合・容器が必要なく、長期保存がきき、持ち運びが容易で、水に溶かす必要がないなどの特徴をもつ。代表的なRUTFはフランス企業ニュトリセット社(Nutriset)のCEO(最高経営責任者)ミシェル・レカンヌMichel Lescanneとフランス開発研究所(IRD)の科学者アンドレ・ブリアンAndr Briend(1930― )が1996年に開発したプランピー・ナッツPlumpy'nutである。ラッカセイをベースに粉ミルク、大豆油、砂糖、ビタミンなどを均一に混ぜ合わせたペースト状食品で、ニュトリセット社が特許を保有して製造している。このほかノルウェーのコンパクト社(Compact)が製造する高タンパクビスケット「BP100」などがある。
 栄養失調に苦しむ人々への援助は粉ミルクが主流であったが、開発途上国には不衛生な水が多く、水が確保できる場所でしか利用できない欠点があった。RUTFは水が不要で携帯可能なため、医師団が巡回配布することで在宅摂取・治療が可能となり、開発途上国援助や治療のあり方を大きく変えた。非政府組織(NGO)「国境なき医師団」や国連児童基金(ユニセフ)などの国連機関が1997年以降、相次いで導入し、栄養失調を劇的に回復させる効果をあげた。世界の市場規模は2016年に約200億円と推計されており、アフリカ・アジアの低所得国で需要が伸び、世界の主要食品会社が相次いで開発に乗り出している。RUTFは値段の高さが普及の障害となっており、製造コストを下げるためプランピー・ナッツはエチオピア、マラウイ、インドなどで、BP100はケニアで、それぞれ現地生産化が進んでいる。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

RUTFの関連キーワードready goOverDrive Readyソケット高宗歩未柚月美穂高頭祐樹既製服既製服RUTFDayDreamRTD

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

RUTFの関連情報