コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rh式血液型 アールエイチしきけつえきがたRh blood groups

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Rh式血液型
アールエイチしきけつえきがた
Rh blood groups

1940年,K.ラントシュタイナーらによって発見された血液型。一般によく知られる ABO式とともに臨床検査によく用いられる。最初,アカゲザル rhesus monkeyの血球にある Rh抗原 (現在の LW抗原) をもつかもたないかによって分けられたが,その後これとは別の抗原の有無によって,Rh陽性 (Rh+) ,Rh陰性 (Rh-) に二大別され,それぞれがさらに9通りの亜型に分けられている。血液型不適合で特に問題になる血液型である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アールエッチしき‐けつえきがた【Rh式血液型】

血液型の一。Rh因子の有無によってRh(+)とRh(-)とに分類。日本人の約99.3パーセントはRh(+)。胎児は父親のRh因子を受け継ぐので、父親がRh(+)、母親がRh(-)のときは母子間血液型不適合となり、新生児溶血性黄疸を起こす危険がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

Rh式血液型【アールエッチしきけつえきがた】

1940年K.ラントシュタイナーらによって発見された血液型。赤血球膜の上にあるD抗原の有無により,Rh+型とRh−型に分けられる。Rh−型の人が輸血を受けるとき,ABO式血液型が一致していてもRh+型血液だと,輸血ショックを起こすことがある。
→関連項目アカゲザル胎児赤芽細胞症輸血

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Rh式血液型
あーるえいちしきけつえきがた

基本的には赤血球上のC(rh´)、c(hr´)、D(Rh0)、d(hr)、E(rh″)、e(hr″)因子の有無により、通常18種の表現型に分類されるヒトの血液型。Rh(+)(プラス)型、Rh(-)(マイナス)型の2群に区別されるが、これは、D因子の有無による単独分類で、前者はD型(日本人頻度は約99.5%)、後者はdd型(約0.5%)となる。免疫抗体の産生頻度が高く、輸血、新生児溶血性疾患など臨床医学的に重要な血液型である。Rh因子には著明な人種差があり、きわめて多数の亜型、変異型が発見されている。Rhという呼称は、最初これを検出するのに必要な抗血清を得るために使った免疫動物が、アカゲザルRhesus monkeyであったことによる。[小谷淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

Rh式血液型の関連キーワードウィーナー(Alexander Solomon Wiener)ランドシュタイナー血液型不適合妊娠リーサスモンキー小児血液疾患胎児情報胎児水腫胎児医学出生順位羊水診断核黄疸妊娠

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android